2019年3月6日

【フェミポ】私は産まない

フェミポの小部屋① 私は産まない

フランス人は言った

私は産まない

今のライフスタイルに満足してるから

 

アメリカ人は言った

私は産まない

今のライフスタイルに満足してるから

 

スウェーデン人は言った

私は産まない

今のライフスタイルに満足してるから

 

日本人は言った

私は産まない

子育ての自信がないから

 

私は言えなかった

私は産まない

痛いから

 

タンザニアのネエマは言った

私は産まない

十分だから

 

世界の若い女性たちは言った

死にたくなかった

生きたかった

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界の女性の15~19歳の死因の1位は妊娠・出産、安全でない中絶(WHO)。彼女たちの命と未来を奪う世界で「すべての人に健康を」は空疎に響きます。

タンザニアのネエマには、出生率の高い途上国で、多くの女性から聞かれる声を託しました。

仏、米、スウェーデン、日本のくだりは、リプロダクティブ・ヘルスに関する意識調査の実際の結果で、「将来子どもが欲しいと思わない理由」で、それぞれ1位の理由。

そして「今の日本において、『痛いので、産みたくありません』などというのは、とても勇気がいることです。それはあまりにも軟弱な発言であり、そんなことを堂々と口にしたら、『何いってんだバカ』と、経験者から非難ごうごう」(酒井順子『少子』)。無痛/和痛分娩が選べる施設も限られています。

※フェミポとはフェミニズムポエムの略です

カテゴリー
タグ

宮地 佳那子
アドボカシーオフィサー。2015年入社。