参議院選挙直前! 「世界中から貧困をなくす」ことに熱心な政党は、どこ?

2010年6月23日

  • お知らせ

「世界中から貧困をなくす」「ミレニアム開発目標(MDGs)を達成する」。
これらの目標は、政府の決意なくしては実現できません。
それでは一体どの政党に投票すれば、目標の達成に近づくことができるのでしょうか?

貧困をなくすための政府の役割のひとつとして、政府開発援助(ODA)の実施による国際協力があります。
MDGsの中でも、「貧困削減に取り組む諸国に対する、より寛大なODAの供与」が、先進国の役割として挙げられています。

そこで、ジョイセフも参加するネットワーク “動く→動かす” で、 各政党がODAについてどのように考えているのか、アンケート調査を実施しました。各党からのアンケートへの回答と、「国際協力」についてマニフェストでどう語っているのかを、まとめてご紹介します。

アンケート

アンケートのサンプル

第22回参議院選挙 直前公開アンケート結果

【1】アンケートへの回答はあった?

【2】だれのため、何のために政府開発援助(ODA)を実施するのか?

【3】ODAは増やすべき?減らすべき?

【4】ODAで優先すべき分野は?

【5】こんな回答がありました!

アンケート全文を見る

↑

寄付する

×閉じる