ミレニアム開発目標(MDGs)国連首脳会議サミットに、ジョイセフの矢口が出席中

2010年9月21日

  • お知らせ

22日まで、米国・ニューヨークでミレニアム開発目標(MDGs)国連首脳会議サミットが開催されています。
(日本時間9月23日まで)

(c)Courtesy of UN Photo/Rick Bajornas

前原外相に続き、菅首相も22日よりNY入りする予定。
ジョイセフからは、アドボカシーグループの矢口真琴が、20日より
政府代表団一員として(うちNGOスタッフは2人)、出席しております。
日本のNGOの代表としてサミットへ参加することはもちろん、「動く→動かす」という日本のNGOネットワークの世界版、Global Call to Action Against Poverty(GCAP)をはじめとする世界各国の市民社会組織や活動家と連携してアドボカシー活動を行うことが今回の大きな目的となります。

MDGsを達成する目標年まであと5年しか残されていません。
このサミットは、世界の指導者が2015年までに開発目標を達成するための具体的な行動計画を約束するという、大変重要な場です。

サミットでの議論の様子や、各国首脳の演説の内容、
また、日本の新聞やテレビでは報道されることがないサミットの会場周辺のアドボカシー活動の動きを、
矢口がtwitterやブログで中継しておりますので、ぜひご覧ください。

矢口真琴のtwitter
http://twitter.com/Makoto_Yaguchi

      矢口真琴のブログ

http://joi-mako.exblog.jp/

↑

寄付する

×閉じる