ランドセル、アフガニスタンに向け出発 日本全国から2700個、ボランティアが梱包

2010年12月3日

  • お知らせ

途上国の女性と妊産婦を支援する国際協力NGOのジョイセフ(東京都新宿区、会長:明石康)は、全国の学校、企業、個人に呼び掛け、アフガニスタンの女子教育支援のためのランドセルを集めました。集まったランドセル約2700個は、12月4日(土)にボランティアにより仕分け・梱包作業を行い、寄贈者からの輸送費寄付および日本郵船株式会社の無償輸送協力により、2011年1月にアフガニスタン、ナンガハール州の小学校に向け出航します。

集まったランドセルには、たくさんの人々の想いが詰まっています。例えば、長野県須坂市立相森中学校では、ランドセルを贈るための輸送費を集めるために生徒自ら募金や資源回収、企業への呼びかけも行いました。

ジョイセフはこれまで7年間で約65000人の子どもたちにランドセルを配付しました。


<ランドセル輸送に関する日程>
◇ 検品・梱包作業:
 2010年 12月 4日(土) 10:30~
◇ 検品会場:
 神奈川県横浜市都筑区池辺町4261-13 
KK横浜貿易倉庫内 有限会社サンライトJP事業部 
(JR横浜線鴨居駅から徒歩8分、ららぽーと横浜隣)
◇ 東京港出航:
 2011年1月下旬予定
◇ 現地到着:
2011年3月下旬予定
◇ 配付対象:
アフガニスタン、ナンガハール州
◇ 出荷個数:
約2700個

【本件に関するお問合せ先】
ジョイセフ
Tel:03-3268-5875 
E-mail: wkai@joicfp.or.jp  http://www.joicfp.or.jp/press

ジョイセフとは:
ジョイセフは、途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。
国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野における人材養成、寄贈、プロジェクトを通した様々な支援を行っています。
ランドセル寄贈事業は、識字率の低いアフガニスタンの女性の教育支援を大きな目的の一つとしています。

↑

寄付する

×閉じる