【義援金のお願い】 東北関東大震災の被災地の女性、妊産婦への支援 ジョイセフが被災地への義援金を受け付けています

2011年3月17日

  • お知らせ

多くの皆さまからのご支援の輪が広がっておりますことに心より感謝申し上げます。
ジョイセフでは、引き続き義援金の受付を行ってまいります。
被災地の女性、妊産婦、赤ちゃんへの温かいご支援を何卒よろしくお願いします。

ジョイセフは、ホワイトリボン・ジャパンのメンバーである社団法人日本助産師会及び社団法人日本家族計画協会とともに、青森・岩手・宮城・福島の東北4県及び北海道、茨城の計6道県の被災地への支援を実施します。

具体的には日本助産師会の各道県の助産師会を通して、緊急支援を実施します(各道県の助産師会の連絡先はすでにお知らせしている通りです)。このたびの支援は、被災地の住民と最も近いところにおられる開業助産師の皆さまにご協力をいただきながら、地域の女性、妊産婦、赤ちゃんに必要な支援を届けたいと思っています。

不安な思いで日々を過ごす女性、妊産婦さん、赤ちゃんの相談・ケアの窓口や必要な女性、妊産婦、赤ちゃん用品の配給ポイントとして地域の開業助産師の皆さまにお願いします。

少しでも被災地の女性と妊産婦さんのご苦労やストレスを減らすためにも、引き続き皆さまのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

【重要なお知らせ】
このたびの義援金は、特定公益増進法人の寄付金控除優遇措置の対象にはなりません。
ジョイセフは、寄附行為(定款)の定めるところにより開発途上国に国際協力活動を行う公益団体であり、国内活動であるこのたびの被災者救援活動への義援金に対しては、特定公益増進法人への寄付金控除優遇措置は、受けられません。何卒ご了承ください。
この緊急事態に、世界の女性や妊産婦への支援を実施しているジョイセフとしては、国内の女性や妊産婦への支援も実施すべきとの「使命」から、皆さまに呼びかけさせていただいています。社団法人日本助産師会および社団法人日本家族計画協会との連携協力のもとで今後も支援活動を実施してまいりますので、何卒よろしくご理解のほどをお願い申し上げます。

被災地の女性・妊産婦・赤ちゃんへの支援の流れ


↑

寄付する

×閉じる