国際保健政策:政府とNGOの歩み ~GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会100回記念シンポジウム~

2011年11月8日

  • お知らせ
  • イベント・キャンペーン

1994年に日本政府が発表した「人口・エイズに関する地球規模問題イニシアティブ(Global Issues Initiative: GII)を効果的に実施することを目的に、日本政府とNGOの政策対話の場として、GII/IDIに関する外務省/NGO懇談会が始まりました。当懇談会は、1994年から2000年にかけて人口・家族計画に対する支援やエイズ対策等、包括的な支援を行ったGII、2000年から2005年にかけて感染症対策を重点的に実施した「沖縄感染症イニシアティブ(Okinawa Infectious Diseases Initiative: IDI)」、2005年から10年にかけてMDGs達成に対する貢献に重点を置いた「保健と開発に関するイニシアティブ(Health and Development Initiative: HDI)」、2011年から15年にかけて保健システム強化を通してMDG4、5、6の達成を目標とする「新国際保健政策(Japan’s Global Health Policy)」と、94年以降日本政府が国際保健政策に貢献することを目的として発表してきたイニシアティブの実施に深く関わってきました。

今回、当懇談会が第100回目を迎えることを記念して、1994年から現在まで懇談会が果たしてきた役割や成果を振り返ると共に、日本政府とNGOの政策対話を今後どのように改善していくべきか、今後の日本政府とNGOの協働関係はどうあるべきか、各分野のパネリストと共に議論するシンポジウムを開催することとなりました。是非ご参加ください。

  • 日時:2011年11月18日(金曜日)16時~20時半まで
  • 場所:JICA地球ひろば講堂(〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24)
  • 対象(定員):開発、国際保健分野の課題にご関心がある方80名 ※学生歓迎
  • プログラム:
    16:00 開会挨拶
    16:30 第1部 日本政府とNGOの政策対話、実現の立役者たち

    • モデレーター:石井澄江(ジョイセフ 専務理事)
    • パネリスト:
      堂本暁子(前千葉県知事)
      服部則夫(オフィス・ハットリ代表、前OECD日本政府代表部大使/元駐ベトナム全権大使)
      原ひろ子(女性と健康ネットワーク副代表)

    (17:20-17:30 休憩)

    17:30 第2部 国際保健における日本政府とNGOの政策対話の将来

    • モデレーター:石井澄江(前出)
    • パネリスト:
      松浦博司(外務省国際協力局地球規模課題総括課課長)
      モントリー・ペカナン(タイ家族計画協会 (PPAT) 事務局長)
      クリフトン・コルテス(UNDPアジア太平洋地域事務所HIV/AIDS・保健・開発地域実施リーダー)
      稲場雅紀((特活)アフリカ日本協議会 国際保健分野ディレクター)

    19:00-20:30 懇親会

  • 参加費: シンポジウムのみ無料、懇親会費3,000円(当日会場にて申し受けます。)
  • 日英通訳あり
  • 申込方法: 11月11日(金曜日) までに、1.お名前 2.ご所属 3.役職 4.電話番号 5.メールアドレス 6.懇親会参加可否を明記の上、事務局gii@joicfp.or.jp)までお申し込み下さい。 申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。参加の可否については事務局からご連絡いたします。

問い合わせ先:
GII/IDI懇談会事務局 (ジョイセフ アドボカシーグループ内) 
電話03-3268-3454 担当:塩田

↑

寄付する

×閉じる