ママのためのイベント、「ママコレクション2012」にアンバサダー、冨永愛さん出演

2012年5月14日

  • 活動レポート
  • お知らせ

母の日、5月13日(日)にジョイセフアンバサダーの冨永愛さんが、横浜で開催された国内最大級のママとキッズの祭典「ママコレクション2012 in パシフィコ横浜」にてトークショーに出演、途上国と被災地のママたちの現状を訴えました。

冨永愛さんは、トークショー「HOPE for Mothers」に登壇。ジョイセフが途上国と被災地支援のために販売しているチャリティーピンキーリングを左手小指に付け、来場者にぜひリングを通して支援してほしいと呼びかけました。

また、同ステージには岩手県大槌町で被災した五日市愛美さん、ジョイセフ広報グループの小野美智代が登壇。MCのサッシャさん、ゲストの冨永さんとともに、被災地の妊婦の置かれていた状況、出産後のジョイセフからの支援について振り返りました。五日市さんは「当時は生活のこと、子どものことが優先で、自分のことは後回しだった。ジョイセフから義援金の他に、化粧品や下着など自分(母親)宛の支援物資が届いてうれしかった」と感謝の気持ちを話していました。小野は「今後は現地の被災産婦たちの声を聞き、産婦人科医、助産師の方々と協力して支援を続けていく」と語りました。

会場には1万人を超える来場者が訪れ、場内ではママとキッズのファッションショー、ダンス、トークなどが行われました。

↑

寄付する

×閉じる