世界人口白書 2012~偶然に委ねず、自ら選ぶ 家族計画、人権、そして開発2012年11月14日GMT正午世界同時発表 

2012年11月14日

  • お知らせ
  • 刊行物

家族計画は人権です。しかし今日、家族計画の権利を行使できない女性が開発途上諸国にいまだに2億2200万人います。『世界人口白書 2012』では、なぜ、家族計画が権利なのかを説明し、女性・男性・青少年のすべてにその権利の行使を保証するうえでの課題は何かを考察します。そして、自分の意思で、子どもを何人、いつ産むかを決める権限と手段をすべての人に行き渡らせるために、政府と国際機関はどんな行動をとるべきかについて提言しています。

今年の「世界人口白書」日本語版は、2章と6章(抄録)の抜粋と指標のページのみです。ご了承ください。


【無料】
<装丁>: A4 判、 48 ページ
<言語>: 日本語
<発行>: 国連人口基金(日本語版制作:ジョイセフ)、 2012 年

お申込方法

下記のページからお申込いただけます。
世界人口白書バックナンバー配付案内

↑

寄付する

×閉じる