UNFPA(国連人口基金)とジョイセフの連携協力 Beyond 2014

2014年3月25日

  • お知らせ

前列右からシェンスル氏、スチュワート局長、佐崎所長、上野所長補佐

前列右からシェンスル氏、スチュワート局長、佐崎所長、上野所長補佐



2014年3月24日、UNFPAの広報渉外局長のダイアン・スチュワート氏と技術専門家のダニエル・シェンスル氏が、佐崎淳子UNFPA東京事務所長および上野ふよう同所長補佐の同行で、ジョイセフを初めて訪問。

国際人口開発会議(ICPD・カイロ会議)から20年目の2014年に焦点を当てた”Beyond 2014”アドボカシー戦略や関連事業について話し合う機会を得ました。

同会議で採択された行動計画をさらに確認し、2015年のポストMDGs(ミレニアム開発目標)につなぐ戦略づくりについて話し合われるとともにジョイセフのアドボカシー(政策提言)活動の日本における役割について意見交換をしました。

ジョイセフとUNFPAの戦略的パートナーシップのさらなる強化が重要であることを再確認できました。

(鈴木良一)

↑

寄付する

×閉じる