ルミネエスト新宿がGIRL meets GIRLプロジェクト一色に GIRL meets GIRLプロジェクトがルミネエスト新宿とコラボイベントを開催!

2014年10月31日

  • イベント・キャンペーン

ワークライフバランスに力を入れているルミネがあらゆる環境を考えるために立ち上げたプロジェクト「choroko(チョロコ)」と、ジョイセフが電通ギャルラボと共同で行う「GIRL meets GIRLプロジェクト」によるコラボレーション第一弾として、2014年10月1日~5日の5日間、ルミネエスト新宿店でGIRL meets GIRLプロジェクトの活動を紹介する大々的なキャンペーンが開催されました!

lumineheader

GIRL meets GIRLプロジェクトがルミネエスト新宿と初イベント!

キャンペーン期間中は、ルミネエスト新宿の中でも特に人が行き交う1階に特設ブースが設置され、チャリティーピンキーリングや『世界女の子白書』などの販売が行われました。また、8階のオープンスペースには開発途上国の女の子を紹介するパネルが一面に飾られ、GIRL meets GIRLプロジェクトの取り組みをオシャレに紹介。その様子はまるで「ルミネジャック」と呼びたくなるほど、華やかな雰囲気に包まれていました。

IMG_1313

「きちんと理解を深めて紹介したい」
― ルミネエスト新宿の社員皆さんの熱い思い

ブースでの販売を担当したのは、すべてルミネエスト新宿の社員の皆さん。
「きちんと理解を深めてからお客さまにご紹介したい」との思いを受け、事前にジョイセフの活動やその目的、チャリティーピンキーリングが生まれるきっかけとなった「GIRL meets GIRLプロジェクト」のことについて、お話をさせていただきました。貴重な営業会議の時間を割いて、今回のキャンペーンに挑んでくださる皆さんの熱い思いに触れた瞬間でもありました。

IMG_1308

5日間で約3400個!

1階に準備された特設ブースは、なんとルミネエスト新宿の社員の皆さんによるアイデアが詰まったものに!思わず立ち止まりたくなるかわいらしい演出と、社員の皆さんお一人おひとりがGIRL meets GIRLプロジェクトの活動に共感し、熱意をもってキャンペーンに参加してくださったこともあり、連日たくさんの方がブースを訪れてくださいました。
その結果、5日間で販売したリングは約3400個! 数あるカラーの中でも、「Love」や「Family」は瞬く間に売り切れてしまい、その勢いに乗り、他のカラーのリングも次々と売り切れ御礼状態となりました。

IMG_1311

「かわいい、オシャレ」がコンセプト!
電通ギャルラボプロデュースのチャリティーピンキーリング

「かわいい、オシャレ」からはじまる新しいチャリティ(社会貢献)として生まれたチャリティーピンキーリングは、電通ギャルラボが女の子に響くデザインを考案。2011年3月に登場以来、リングひとつにつき100円(一部200円)がジョイセフを通じて開発途上国の支援活動に活用される明確さ、そして何よりも「かわいい、オシャレ」から気軽に始められるチャリティのコンセプトが支持され、若い女の子を中心に好評を博してきました。これまでに日本中に届けたリングの数はおよそ9万個以上。支援活動への寄附総額は約1000万円にも上っています。

電通ギャルラボがジョイセフの活動に共感し、ともにプロジェクトを立ち上げ、さまざまな場面においてご協力いただいたおかげで、これだけのことが成しえました。

DSCN8438

つながる。さらにその先へ

電通ギャルラボとのご縁はさらなる発展を遂げ、今回のルミネエスト新宿におけるキャンペーンへとつながっていきました。

ファッションに敏感な女の子たちが多く集まる場所で、GIRL meets GIRLプロジェクトのメッセージを伝えられるということ。これは大変意義深いことです。
この5日間の間にも、ジョイセフだけの力ではとてもリーチすることが難しい数の方々へ、開発途上国の女の子たちの現状や私たちの取り組みについて共有することができました。

つながることは、お互いを知ること。
そして、知るという行為は「自分にも何かできるかもしれない」という考えへ、さらには行動を起こそうとするチカラへとつながる可能性を秘めています。

チャリティーピンキーリングを通じ、「開発途上国のことを知る→自分にできる何かに行動を移す」ことによって届けられたパワーを、すべての女の子の未来を明るく照らすチカラに変えていくために。これからもジョイセフはGIRL meets GIRLプロジェクトから生まれたチャリティーピンキーリングをきっかけに、私たちの取り組みを誰かへつなげていきたいと思っています。

期間中、キャンペーンにご協力くださった皆さま、足を運んでいただいた皆さま、心より御礼申し上げます。


GIRL meets GIRLプロジェクトとは・・・


GmGp

女心に響くソリューションを生み出すプロフェッショナルである電通ギャルラボと、開発途上国の女性支援のプロフェッショナルである国際協力NGOジョイセフとが2つの強みを掛け合わせ、世界中の女の子たちが同じ目線でつながれるさまざまなプロジェクトの実現を目指しています。
チャリティーピンキーリングは、かわいい、オシャレを入口に、開発途上国の女の子のことを身近に感じてもらい、気軽にアクションできる「チャリティ(社会貢献)」として2011年3月に誕生しました。




チャリティーピンキーリングが2色で構成されているのは、「1つの色は自分のため、もう1つの色は海の向こうの彼女のため」という意味が込められているから。

リングを小指につけたとき、開発途上国の女の子のことをもっと身近に感じてもらえますように。

tanzania

IMG_1310

「NGOがこんな華やかな場所で、このようなキャンペーンを行えるなんて!」
-ジョイセフスタッフ S
「とにかくオシャレ! 洗練されたキャンペーン」
-通りがかったお客様の声
「なんでこんなことが実現できるんだ! アメージング!」
-IPPF本部スタッフ C

↑

寄付する

×閉じる