「忘れないでアフガニスタン」キャンペーン

2014年11月20日

  • お知らせ
  • イベント・キャンペーン

dont_forget

映画上映会とトークセッションのご案内

2014年11月24日(月・祝)13:30-17:20 @築地本願寺 蓮華殿
ジョイセフを含む日本のNGO16団体が集まり結成された「忘れないでアフガニスタン」キャンペーン実行委員会は、2014年11月24日(月・祝)に築地本願寺にて、アフガニスタンの子どもたちの暮らしを描いた映画「子供の情景」の上映と、アフガニスタン、日本の両政府や日本の政治家、現場で活動しているNGOなどの立場からアフガニスタンについて考えるトークセッションを開催します。

「忘れないでアフガニスタン」キャンペーンは、12月上旬にロンドンで開かれるアフガニスタン復興に関する国際会議に合わせ、世界20都市以上で同時に開催される世界的なキャンペーンです。
世界各地では紛争や自然災害、難民問題など様々な課題が日々発生し、10年以上続くアフガニスタンの困難な状況に対する国際社会の関心は急速に薄れつつあります。アフガニスタンを忘れないというメッセージを示すため、このキャンペーンにぜひご参加ください。

横幅330pxで、左端に設置するブロックに指定してください。横幅330pxで、左端に設置するブロックに指定してください。横幅330pxで、左端に設置するブロックに指定してください。

DSC04471
DSC04475

イベント概要

日時
2014年11月24日(月・祝) 13:30~17:20
会場
築地本願寺 蓮華殿
定員
200人(参加費無料)
主催
「忘れないでアフガニスタン」
キャンペーン実行委員会
共催
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム

プログラム

13:30 挨拶

セイエド・M・アミーン・ファティミ氏(駐日アフガニスタン大使)

13:40 第一部 映画上映『子供の情景』
15:10 第二部 トークセッション

スピーカー:阪口直人氏(衆議院議員)、モハメド・ヤーセル・カリミ氏(駐日アフガニスタン大使館)、レシャード・カレッド氏(カレーズの会)、杉本亜季氏(ADRA Japan)、外務省(調整中)
司会:三宅隆史氏(シャンティ国際ボランティア会)

17:00 第三部 みんなでアクション

参加者で写真撮影

お申込み/問い合わせ先

HP(http://www.japanplatform.org/event/20141124af/)よりお申し込みください。
*当日参加も可能ですが、できる限り事前の申し込みをお願い致します。


プログラムの第三部 みんなでアクションについて

アフガニスタンへの関心を持ち続けることをアピールするため、参加者全員で「忘れないでアフガニスタン」のバナーを掲げ、写真を撮ります。撮影した写真は、SNSやWebサイトに掲載し、日本や世界に発信します。
このアクションは会場以外でも、誰でもいつでもどこでもできます。

「忘れないでアフガニスタン」のプラカードを掲げる。
HP(http://www.japanplatform.org/event/20141124af/)からダウンロードできます。
紙に印刷しても、スマホやタブレットに表示して、それを持ってもOK!

写真を撮る。

「#忘れないでアフガニスタン」のハッシュタグをつけて写真をFacebookまたはTwitterにアップし、友達にシェアする。
※ 誰でも見られるように、写真は「公開」設定でお願いします!

DSC04489
DSC04467
DSC04465
DSC04485
DSC04491
DSC04470
DSC04492
DSC04494

↑

寄付する

×閉じる