チャリティーピンキーリングリニューアル価格改定と新リング「Mother」登場

2015年3月6日

  • お知らせ

OLmother-banner_690px
国際協力NGOジョイセフ(東京都新宿区)は電通ギャルラボとともに進める「Girl meets Girlプロジェクト」のチャリティーピンキーリングの価格改定と新リングの発表をいたします。誕生から4年目にあたり、2015年4月1日よりこれまで税込み360円であった価格を500円に改定いたします。
ミレニアム開発目標(MDGs)の目標年である2015年、目標5「妊産婦の健康の改善:妊産婦の死亡率を1990年時点の4分の1に削減する」は達成される見通しが立たず、いまも1日に約800人の女性が妊娠や出産が原因で命を落としています。ポスト2015(MDGsの次の2015年以降の目標)に向けて世界の妊産婦、女性への支援をより強化するため、またチャリティーピンキーリングで広報、認知を図る役割以上に支援活動により高くコミットしていくために、2015年4月1日より価格を見直し、ひとつ税込み500円に、そのうち200円が途上国の女の子を支援する活動に使われる仕組みに改定することにいたしました。
また2015年4月1日より、母の日に向けて、妊娠・出産で命を落とす女性たち、そして厳しい環境の中で母親として力強く生き抜いている女性たち、そしてすべての母親へ感謝と尊敬の気持ちをこのリングに込めて、新リング「Mother」が登場します。
この4年間でチャリティーピンキーリング102,734個の頒布により、支援金額は10,826,500円を突破いたしました。2016年3月の5周年に向けて、より世界の女の子や妊産婦さん、女性支援を強化するために活動を広げていきたいと思っております。つきましては、報道関係者の皆さまには、この活動の周知にご協力いただけますようお願い申し上げます。

チャリティーピンキーリングについて

チャリティーピンキーリングは2011年3月8日の国際女性デーに頒布を始め、ひとつ買うたびに100円が、開発途上国の女の子と女性を支援する活動に使われる新しいチャリティの形として、若い女の子たちにも買いやすい税込350円という価格設定でスタートしました。まもなく4年を迎え、頒布個数はコラボリングも含め総計102,734個、支援金額は10,826,500円を突破(2015.2.28現在)。チャリティーピンキーリングは多くの人たちにとって途上国を知るきっかけとなり、また支援金額は途上国の女の子や東北の被災地の女の子や妊産婦さん、女性を支援するための様々な活動に。2015年4月1日より価格が500円に改定されます。

価格改定について詳しくはこちら

http://www.joicfp-shop.com/menu/info/201503.htm

新リング「Mother」が仲間入り

■価格:500円(税込み)
■カラー:Mother red、 Mother whiteの2色
■サイズ:4号(SS)、6号(S)、9号(M)、11号、13号の5サイズ
すべてのお母さんへの感謝と尊敬の気持ちを小指のリングに込めてそして世界中のお母さんのしあわせを願ってできました。
http://www.joicfp-shop.com/item/cp/pinky_ring_mother.htm
※4月1日よりお求めいただけます。

mother_210

↑

寄付する

×閉じる