被災地での活動が朝日新聞で紹介されました。

2015年5月11日

  • 活動レポート
  • ネパール
  • メディア掲載情報

現在、IPPFネパールは巡回診療サービスを提供する活動拠点を、バクタプール、ラリトプール、カブレ、シンドゥパルチョーク、カトマンズ郡内の10カ所に拡大し、検診や基礎衛生キットの配付など、女性と母子に必要な支援を届けています。

これらの活動の様子が5月10日の朝日新聞でも紹介されました。

出典:2015年5月10日の朝日新聞より

出典:2015年5月10日の朝日新聞より

今回の地震で被災した女性と女子は200万人と推計されており、このうちの12万6000人は妊娠中の女性です。

災害時に見過ごされがちな女性と妊産婦のニーズに応えていくために、ジョイセフは引き続きIPPFネパールと協力し活動を進めていきたいと思います。
皆さまの応援をよろしくお願いいたします。


yajirushi
nepal_shien

↑

寄付する

×閉じる