東日本大震災から5年

被災者支援活動レポート発行

2016年3月10日

  • お知らせ
  • ジョイセフコラム

すべての日本人にとって、2011年3月11日は忘れられない特別の日となっています。振り返るたびに、いろいろな感情がこみ上げてくるのではないでしょうか。その思いも時間の経過とともに変化してきているのもまた事実です。

はじめのころには、体の震えるような悲しさ、喪失感、そして、もっと何かができたのではないかという後悔や原発への怒りもありました。もちろん被災者や避難した方々には、そんな容易なことではなかったと思います。

人間は、いつも未来に向かって生きていくものであると信じています。過去はどのようにしても変えられません。未来は自分の力で必ず変えられるものです。

この5年間に噴き出た多くの感情や思いは、きっと、ひとりひとりが未来を築くときの確かな原動力となるものであると思っています。多くの被災者の方々も、経過とともに変化し、先に進む力が、みなぎってきていると感じます。

わたしたちジョイセフは、東北の人々の変化するニーズに合わせた支援を、震災直後から開始し、今日まで5年間、地域の関係者、関係機関とともに行ってまいりました。地域や被災者のニーズになるべくあった支援活動を実施してきたつもりですが、どれだけお役に立ったかは皆さまからのご判断をお待ちしたいと思っています。

さて、この度、この5年間の東日本大震の被災者支援活動レポートをとりまとめましたので、是非、ご一読いただければ幸いです。

ジョイセフ東北支援レポート-1

ジョイセフ東北支援レポート(PDF:24MB)

 
 
ジョイセフは、世界の妊産婦や女性の命を守る使命を持つ国際協力NGOとしてさらに尽力してまいります。皆さまの引き続きのご支援ご協力をお願いいたします。

公益財団法人ジョイセフ
常務理事・事務局長
鈴木良一

↑

寄付する