想い出のランドセルギフトキャンペーン始まる

皆さまのご支援ご協力をお願します

2016年3月10日

  • お知らせ

ジョイセフでは今年も皆様のご支援ご協力をいただいて、想い出のランドセルギフトキャンペーンを、3月10日から開始いたします。

内戦状態から抜け出しつつあったアフガニスタンの子どもたちに、ジョイセフは、多くのご支援をいただいて、2004年からランドセルを贈り始め早12年が経とうとしています。今までに贈ったランドセルの総数はすでに159,481個になりました。これだけの数の子どもたちが、日本の子どもたちから贈られたランドセルを背中に山道を歩き自分の学校へ、といってもいまだに多くが青空教室なのが現実ですが、通うことができているのです。ランドセルは時には子どもたちの机に早変わりし、皆さまから贈られた文房具もていねいに使われています。

20160310

●春のキャンペーンは、3月10日から5月31日
●秋のキャンペーンは、9月1日から10月17日

を予定しています。

ジョイセフは毎年1万5000個から2万個のランドセルをアフガニスタンに贈っています。しかし、配付地域だけでも毎年約9万人の新一年生がおります。ランドセルはまだまだ足りていません。アフガニスタンの貧しい村々に住む女の子や男の子が、これによって学校に通えるとしたらとの思いで、皆さまに呼び掛けています。

かつてタリバン時代のアフガニスタンでは、女子に教育を与えることを禁止していました。よって、その影響で、とりわけ女性・女子が読み書きできないという状況が長く続いています。初等教育の就学率は徐々に回復してきていますが、それでも女子では半数が未就学と報告されていて、依然として改善が必要です。スクールバッグや学用品がなかったために学校に行けなかった子どもたちが、通学のきっかけになったという情報も多数届いています。

20160310B

ランドセルの贈り方、日本のランドセルを寄贈下さっている学校単位での取り組みや、アフガニスタンからのお便りや現地からの報告ビデオ、ランドセルの仕分けなどのボランティア募集などさらに詳しい情報は、ジョイセフのホームページやFacebookをご覧下さい。 

公益財団法人ジョイセフ
事務局長
鈴木良一

↑

寄付する

×閉じる