韓国の平均寿命さらに延伸:2030年には男女とも世界1位に

2017年3月30日

  • お知らせ
  • ジョイセフコラム

韓国の平均寿命さらに延伸:2030年には男女とも世界1位に

英国BBCが報告しているインペリアル・カレッジ・ロンドンと世界保健機関(WHO)の調査によりますと、平均寿命が、世界で最初に90歳を超えるのは韓国であることが、2017年2月に発表されました。この調査は35の先進工業国を対象に実施した結果です。

35カ国ではともに、平均寿命の男女差が徐々に解消されていくと見ています。この結果を受けて今後の年金や高齢者ケアの施策でのさらなる挑戦(チャレンジ)を余儀なくされると述べています。この結果は、韓国がこれまでとってきた教育や栄養などが平等に受けられるなどが功を奏しているのではないか、また高血圧症や肥満症で、韓国が最も低い数値を示しているとも述べています。

日本は韓国やフランスに抜かれます

日本についても分析されていますが、目下、女性で最も高い平均寿命を示している日本は韓国やフランスに抜かれる模様です。2030年にはトップ 5カ国は、韓国、フランス、日本、スペイン、スイス、オーストリアとなります。一方、男性の場合は、日本は、現在の第4位から7位に転落するようで、トップ5カ国は、韓国、オーストリア、スイス、カナダ、オランダ、ニュージーランドとなります。

米国は、2030年に至っても豊かな国の中でも最も低い数値を示しています。男性で80歳、女性で83歳。これは同じ時点でメキシコやクロアチアが到達するレベルとなります。米国は、今回の調査国では普遍的な健康保険制度のない唯一の国です。そして、それ以上の延伸はないであろうとも推測しています。米国は2030年に女性87歳、男性81歳になるチリに抜かれることになります。

この報告は医学雑誌Lancetでも公表されますが、世界的に男性と女性の平均寿命は差がなくなりつつあります。「男性は女性よりも不摂生が影響している」と専門家は分析しています。喫煙、飲酒、また、交通事故、自殺等が死因としてあげられます。そして平均寿命は、その国の国民が享受できる保健システムや保健サービスによると分析しています。

詳しくは、こちらで検索してください。
http://www.bbc.co.uk/news/health-39040146

(公益財団法人ジョイセフ 常務理事 鈴木良一 2017年3月、東京にて)

↑

寄付する

×閉じる