【12/15】UHCとユニバーサル・​​ リプロダクティブ・ヘルス・カバレッジ ~女性・若者が直面する課題に挑む~

2017年12月8日

  • イベント・キャンペーン

性と生殖に関するサービスや情報を阻む壁、法律の壁、社会・文化・ジェンダー規範の壁、教育の壁、女性の貧困、政策や国際援助の方針転換・・・・・・現在、女性と若者のUHCやSRHR(セクシュアル・リプロダクティブヘルス・ライツ)を阻むあらゆる壁が存在します。このイベントでは、国連機関や途上国NGOが、国際社会、市民社会、そして「誰一人取り残さない」ためのコミュニティーの参画を通じた草の根の活動の必要性を訴え、UHC達成に欠かせないジェンダーやSRHRの視点を提供します。
※参加無料・日英同時通訳

日時 12月15日(金)15:00 -17:30
場所 東京プリンスホテル 11階 高砂
共催 UNFPA(国連人口基金), IPPF(国際家族計画連盟), ジョイセフ
登録(先着順) 登録フォームはこちら
問合せ メール:advocacy@joicfp.or.jp  電話:03-3268-3172 (ジョイセフアドボカシーグループ)

第1部: ユニバーサル・リプロダクティブ・ ヘルス・カバレッジとUHC実現に向けたパートナーシップ

  • WHO事務局長 テドロス・アダノム氏
  • 参議院議員  武見敬三氏
  • 塚田玉樹氏 外務省国際協力局参事官
  • IPPF​前事務局長 テウォドロス・メレッセ氏/ 次期事務局長 アルバロ・ベルメホ氏
  • UNFPA ​テクニカル・スペシャリスト ハワード・フリードマン氏
  • 国連​「女性と子どもの健康の実現に向けたグローバル戦略」国連事務局アカウンタビリティー確保のための独立パネル エリザベス・メーソン氏
  • ファシリテーター:UNFPA東京事務所長 佐藤摩利子

 

第2部: 課題と挑戦~草の根の活動のエンパワーメントの大切さ~

  • ​IPPF 次期事務局長 アルバロ・ベルメホ氏
  • IPPF アフリカ地域事務局長 ルシアン・クアク氏
  • ファミリー・ヘルス・オプションズ・ケニア事務局長 エドワード・マリエンガ氏
  • スーダン家族計画協会代表​会長​ バジール・エリマム氏
  • Japan Youth Platform for Sustainability 代表 唐木まりも氏
  • ファシリテーター:ジョイセフ理事長 石井澄江

※「UHCデー」サイトからも​内容のご​確認・登録​が​できます。
http://uhcday.jp/2017/11/28/391/

↑

寄付する

×閉じる