【院内集会のお知らせ】いい加減、自分で決めたい私の人生 ~グローバルな動きから見た日本の“女性の健康と権利”~

2019年6月7日

  • お知らせ
  • 勉強会

「女性活躍」が積極的に進められる中で、働く女性が増加し、男性の育児休暇100%取得に向けた動きも盛んになってきました。一方で、就職活動におけるセクハラや、育休を取った男性、育児に参加する男性への“パタハラ”など、新たな課題も浮上しています。
すべての人が正当な権利とジェンダー平等のもと生きやすくなるよう、日本で必要なものは何か。まさにこれから社会を支える次世代の女性の視点で、今日の日本におけるニーズや課題を掘り下げます。日本が特に遅れている点を指摘しつつ、国際会議ウーマン・デリバー(Women Deliver)から持ち帰った、最も新しい世界の情報や報告も交え、女性のエンパワーメントやセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して議論します。

ウーマン・デリバーとは:世界最大級のジェンダー平等や女性の健康と権利に関する国際会議。3年に一度開催され、2019年は6月3日~6月6日、カナダ・バンクーバーで開催された。参加者は同国のトルドー首相や国連国際機関代表を含め、世界150カ国以上からおよそ8000人に上った。

院内集会 詳細

日時: 6月27日(木)
時間: 16:00~18:00(開場:15:45)
場所: 参議院議員会館 101会議室
参加者:国会議員・メディア・有志参加者を含め100人程度
参加費:無料

プログラム

開催挨拶
発表/登壇

ウーマン・デリバー2019の報告/次世代の立場より提言
福田和子氏 #なんでないのプロジェクト代表
山本和奈氏 Voice Up Japan代表
コメンテーター:
北村邦夫氏 日本家族計画協会理事長・産婦人科医
谷口真由美氏 全日本おばちゃん党代表代行
登壇者による発表後、国会議員・市民との質疑、意見交換を行います。

参加希望の方は、以下のリンクよりお申込みください。(一般:先着70人)

https://forms.gle/Mu3Kq3D3QxxM14ms9

主催: 公益財団法人ジョイセフ
後援: 国際家族計画連盟(IPPF)、SDGs市民社会ネットワーク ジェンダーユニット

お問い合せ・事務局:
公益財団法人ジョイセフ アドボカシーグループ
TEL:03-3268-3172 E-mail:advocacy@joicfp.or.jp

登壇者プロフィール

福田 和子
日本社会で性と生殖の健康に関する啓発・アドボカシー活動を行う。2019年3月、国際基督教大学卒業。
日本における女性の権利健康を巡る歴史の研究、スウェーデンでの1年間の留学生活を経て、日本では特に若年女性のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)が守られていないことを痛感。若者が当たり前に性の健康を守れる社会になってほしいとの思いで、「#なんでないのプロジェクト」を2018年5月に立ち上げ、SNSやメディア、講演、執筆活動を通じて啓発・アドボカシー活動を行っている。
性の健康世界学会(the World Association for Sexual Health) Youth Initiative Committee委員、性の健康医学財団・機関誌『性の健康』編集委員、ジョイセフI LADY. アクティビスト。

山本 和奈
Voice Up Japan代表、中南米の教育支援活動を手掛けるNGO「Educate For」代表。
香港で生まれ、6歳までシンガポールで育つ。2019年6月、国際基督教大学卒業。学業のかたわら複数のNGOや企業を立ち上げ、幅広く活動している。
ジェンダー課題を直視し、声をあげられない社会を変えていきたいと、女性蔑視記事を掲載した出版社に対して抗議活動を行い、約5万人の署名を集めた。ジョイセフI LADY. アクティビスト。

↑

寄付する

×閉じる