【TICAD7 公式サイドイベント】 若者の力~SRHRから始めるジェンダー平等~

2019年8月13日

  • 未分類

【TICAD7 公式サイドイベント】
若者の力~SRHRから始めるジェンダー平等~

[English follows Japanese]

日 時 2019年 8月29日(木) 15:30-17:00 (15:15開場)
共 催 国際家族計画連盟(IPPF)、ジョイセフ(JOICFP)、持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS)
場 所 パシフィコ横浜 アネックスホールF203(アクセス) 横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
言 語 英語・日本語 (同時通訳)
登 録 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScxdQJSaxPeTUdd7Aeit89tLwvekCnXVyluiybJxTYO0BIWTw/viewform(先着順)
参加費 無料
定 員 100名
概 要 ジェンダー平等やセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)推進は、中位数年齢が19.4歳、出生率が4.66というアフリカにおいて、若者のエンパワーメントなしには成り立たちません。日本でも包括的性教育の遅れや、大学入試での女子差別など、ジェンダーやSRHRの課題は山積しています。本サイドイベントでは「ジェンダー平等とSRHR推進」に向け、アフリカと日本から課題に取り組む若者が登壇し、若者の健康、教育の継続、経済的な安定の重要性などを議論します。

プログラムとスピーカー(敬称略)
司会・開会: 山口和美 (JYPS)

1. 開会挨拶: 勝部まゆみ(ジョイセフ事務局長)
2. 祝辞:外務省
3. IPPF の取り組み: サム・ヌテラモ(IPPF アフリカ連合連絡事務所長)
4. アフリカのユース・アクティビストから:
エメファ・シェリタ・アンコウ(IPPFトーゴ(ATBEF)ピア・エデュケーター)
マメロ・マヘレ(レソトの助産師/「MobiHope」創設者/SheDecides)
5. 日本のユース・アクティビストから:
戸谷知尋 (ちゃぶ台返し女子アクション学生メンバー)
6. パネルディスカッション・質疑応答

【TICAD7 OFFICIAL SIDEEVENT】
The Power of Youth ― Achieving Gender Equality through SRHR ―

Date/Time Thursday, 29 August 2019, 15:30-17:00 (Venue opens at 15:15)
Co-organizers International Planned Parenthood Federation (IPPF), Japanese Organization for International Cooperation in Family Planning (JOICFP), Japan Youth Platform for Sustainability (JYPS)
Venue Annex F203, Pacific Convention Plaza Yokohama(PACIFICO Yokohama)
1-1-1, Minato Mirai, Nishi-ku, Yokohama 220-0012, JAPAN (access)
Admission Free
Language Japanese and English (simultaneous interpretation)
Registration https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScxdQJSaxPeTUdd7Aeit89tLwvekCnXVyluiybJxTYO0BIWTw/viewform (First-come, first-served basis)
Capacity 100 persons
Summary Gender equality and promotion of sexual and reproductive health and rights (SRHR) in Africa cannot be achieved without the empowerment of youth, where the median age is 19.4 and the birth rate is 4.66. Japan also has many gender and SRHR issues including the lack of a comprehensive sexual education (CSE) and screening by gender at medical school admissions. This side event introduces efforts made by the youth of Africa and Japan in the aim to “promote gender equality and SRHR”. Importance of youth’s health, continued education, and economic stability to achieve the aim will be discussed.

Program and Speakers (Honorific titles omitted):
MC : Kazumi Yamaguchi, JYPS

1. Opening Remarks: Mayumi Katsube, Executive Director, JOICFP
2. Congratulatory Remarks: Ministry of Foreign Affairs of Japan
3. IPPF presentation: Sam Ntelamo, IPPF Resident Representative to the African Union
4. Voice of Youth Activists from Africa:
‐ Eméfa Chérita Ankou, Peer educator, IPPF Togo (ATBEF), Togo
‐Mamello Makhele, Midwife/founder of ‘MobiHope’, Lesotho/SheDecides
5. Voice of Youth Activist from Japan:
‐Chihiro Toya, Student Member, Chabudai Gaeshi Joshi Action
6. Panel discussion / Q&A

↑

寄付する

×閉じる