中村哲医師の訃報に接して

2019年12月5日

  • HOT TOPICS
  • アフガニスタン
  • ランドセル

中村哲医師のご冥福をお祈り申し上げます

2019年12月4日、アフガニスタンで支援活動を行うペシャワール会現地代表の中村哲医師と現地スタッフ5名の方々が、アフガニスタン、ジャララバードで銃撃され命を落とされました。犠牲となった方々に、心から哀悼の意を捧げます。

アフガン医療連合センターとともにジョイセフが実施しているジャララバード市内の母子保健クリニックでは、事故直後から現在まで医療スタッフが集まり、追悼の会が行われています。アフガニスタンの人々は尊敬し愛すべき同胞を失い、悲しみに打ちひしがれています。

ジョイセフが母子保健活動を支援しているジャララバード、そして、ランドセルを配付してきたナンガハール州のクズクナール、ベスード、カチャラ、コーティタラン、カマ、は中村医師が灌漑・水利事業を実施した地域でもありました。年々水と緑が豊かになっていく土地に、元気な子どもたちが日本のランドセルを背負って学校へ通う姿が、今も見られます。

中村医師のご尽力、献身によって潤った肥沃な土地に農産物が育ち、人々の食糧、そして収入源となっていることを改めて噛みしめ、今は悲しみの中で言葉がありません。

中村医師と現地スタッフの皆さまのご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族・ご友人・関係者の方々に対し心からお悔やみを申し上げます。

公益財団法人ジョイセフ
理事長 石井澄江、役職員一同

 
 

現地共同実施団体、アフガン医療連合センター事務局長からのメッセージ

中村医師のご冥福をお祈りいたします。

私たちは中村医師の突然の訃報に、深い悲しみの中にあります。私たちは、中村医師がアフガニスタンのために尽くしてくださったことを決して忘れません。彼らはあなたを私たちから奪いましたが、あなたの残した功績やアフガニスタンの人々に与えた変化をも奪い去ることはできません。あなたは信義と尊厳を重んじる方でした。これからいつまでもあなたは私たちの心に生き、私たちはあなたの残してくださった宝物を守り受け継いでいきます。

アフガン医療連合センター事務局長 アブドゥル・ワリ・ババカルキル


↑

寄付する

×閉じる