【思い出のランドセルギフト】海外輸送費の金額改定について

  • お知らせ
  • ランドセル

2023.12.25

活動を支えてくださる皆さまへ、

いつもあたたかいご支援ありがとうございます。
アフガニスタンの子どもたち、特に女の子の就学に役立てるために、日本で役割を終えたランドセルを寄贈する「思い出のランドセルギフト」は、2004年に開始して以来、およそ27万個のランドセルを現地に届け、子どもたちが学校に行くきっかけづくりをしてきました。ランドセルを受け取った現地の子どもたちからは、日本からのランドセルのおかげで勉強を続けることができた、夢を描く力をもらったという嬉しいメッセージも届けられています。現在、タリバン政権下で、女子は中学、高校、大学への道が閉ざされる中、小学校での教育がますます重要度を増しています。

近年、パンデミック、戦争/紛争、自然災害、気候変動などにより、世界中で、人びとの暮らしへの深刻な影響が加速しています。その中の一つがコロナ禍によって始まった海外輸送費とコンテナ費の異常な高騰です。海上輸送経路によって多少の違いがありますが、コロナ禍以前と比べて5倍から7倍、運賃が高騰し、世界の産業や流通、経済、生活への影響は甚大です。日本〜パキスタンまでの海上輸送費、コンテナ費はコロナ禍前の2019年と比較すると約7倍となっており、2019年以前の価格に戻る見込みは低いと考えられます。

「思い出のランドセルギフト」事業は1ドル=105円の為替レートで開始し、これまでも円安の影響を受けてきました。そして2022年より1ドル=140~150円を推移し、現地の内陸輸送、配付費用が高騰しました。さらに近年の円安の影響やさらに、原油高による現地輸送費の高騰といった影響を受け、ジョイセフは、数年にわたり努力を続けてまいりましたが、私たちの努力の及ばない費用の高騰に対して、やむなく金額を変更させていただくことになりました。尚、船での海上輸送費については、日本郵船様にこれまでと同様にご協力いただきます。改めて厚く御礼申し上げます。

アフガニスタンでは、毎年7万人の子どもたちが小学校入学を待ち望んでおり、教育支援へのニーズが依然高く、皆さまのご支援を必要としています。今後も、ランドセルや学用品の支援を通じて、日本の応援がアフガニスタンの子どもたちに届くように、そしてジェンダー平等な教育の実現に貢献できるように、ジョイセフは尽力して参ります。

皆さまのご理解とご協力に感謝申し上げます。どうか「思い出のランドセルギフト」へのご支援を引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

公益財団法人ジョイセフ
理事長 勝部まゆみ


■変更日 2024年3月1日〜 *
■海外輸送費金額の変更

ランドセル(1個につき) 1,800円 → 2,500円
学用品(100サイズの箱1個につき) 3,000円 → 4,200円

* 現行の金額にて告知・活動を開始されている企業や学校、団体などによる回収活動等でのご支援については、2024年6月28日(金)倉庫到着分まで、現行の寄附金額(1,800円)で承ります。

** 【参考】海外輸送経費2,500円に含まれる主な費用と価格比較(2019/2022)

・倉庫保管・管理費用(日本):2倍
・コンテナ・船への荷積み費用(日本):2倍
・国内通関経費
・海外港での通関経費(パキスタン):1.5倍
・港での荷揚げ費(パキスタン):1.5倍
・パキスタン〜アフガニスタン間トラック輸送費:1.5倍

・船による海上輸送費(横浜~パキスタン):7倍※日本郵船様ご支援いただきます。

海外輸送費募金としての書き損じハガキの寄附をご希望の皆さま
2024年3月1日以降、書き損じハガキの必要枚数が変更になります。
詳細はこちら

【本件に関するお問合せ】
公益財団法人ジョイセフ パートナーシップグループ
思い出のランドセルギフト担当
メール:resource@joicfp.or.jp