リプロダクティブ・ヘルスとは何ですか?

1994年エジプトのカイロで開催された国際人口開発会議(ICPD/カイロ会議)の「行動計画」では、人口に対する考え方が、それまでのマクロの視点から、一人ひとりの生活や福祉の視点に立った人間中心の開発というミクロの視点へと大きく転換しました。その時にキーワードのひとつとなったのがリプロダクティブ・ヘルスです。日本では一般に「性と生殖に関する健康」と訳されます。
リプロダクティブ・ヘルスとは、性や子どもを産むことに関わるすべてにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも本人の意思が尊重され、自分らしく生きられることです。
リプロダクティブ・ライツは、自分の身体に関することを自分自身で決められる権利のことです。

↑

寄付する