知ってる?わたしのSRHR

自分の人生を自分で選択できる、そんなあたりまえをすべての人に。

Sexual and Reproductive Health and Rights (SRHR)

セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツとは?

英語のSexual and Reproductive Health and Rights、頭文字をとって、「SRHR」と呼称されます。日本語では、「性と生殖に関する健康と権利」と訳され、内閣府や全国の自治体でも使われています。すべての人の「性」と「生き方」に関わる重要なことです。

この長い言葉は、4つの言葉の組み合わせで作られているので、分けて考えるとよりわかりやすくなります。

セクシュアル・ヘルス

自分の「性」に関することについて、心身ともに満たされて幸せを感じられ、またその状態を社会的にも認められていること。

リプロダクティブ・ヘルス

妊娠したい人、妊娠したくない人、産む・産まないに興味も関心もない人、アセクシャルな人(無性愛、非性愛の人)問わず、心身ともに満たされ健康にいられること。

セクシュアル・ライツ

セクシュアリティ「性」を、自分で決められる権利のこと。
自分の愛する人、自分のプライバシー、自分の性的な快楽、自分の性のあり方(男か女かそのどちらでもないか)を自分で決められる権利です。

リプロダクティブ ・ライツ

産むか産まないか、いつ・何人子どもを持つかを自分で決める権利。
妊娠、出産、中絶について十分な情報を得られ、「生殖」に関するすべてのことを自分で決められる権利です。

私たちの人生と切り離すことができないセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ「SRHR」。

マスターベーション(セルフプレジャー) 避妊(家族計画) 妊娠 不妊 中絶・流産
月経 夢精 勃起 射精 性周期
セックス(性交) 受精 出産 性的虐待 性的同意
DV ネグレクト(無視、育児放棄) 性暴力、レイプ 性的バイト(性産業) 性(過剰な)情報氾濫
LGBTQI(SOGI) MSM HIV/AIDS 更年期障害 ジェンダー
性感染症 女性(婦人科)疾患 男性(泌尿器科)疾患 FGM 人身売買
児童婚 子宮脱 産科ろう孔 近親かん アセクシュアル/パンセクシュアル

ジョイセフは、WHOをはじめとする国連や国際機関も提唱しているようにこのセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツを人が生まれながらに持つべき権利(人権)だと考えています。

まずは、一人ひとりがこのセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツを知って、享受し、できる社会を。そして、一人ひとりがすべての人がウェルビーイング(*)に生きられる社会を目指しています。
※ウェルビーイングとは 「身体的に、精神的に、社会的にすべてが満たされた状態」のことをいう (日本WHO協会)