【2011年 東北の女性支援】 ジョイセフからのお願い

2011年6月14日

  • 活動レポート
  • 東北の女性支援

ジョイセフからのお願い

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆さまに対しまして、心よりお見舞い申し上げます。未曾有の災害に遭われた皆さまのご心労、ご心痛を推察すると、胸も張り裂ける思いです。

このような状況下にあって、ジョイセフも、何とか被災地の皆さまのお役に立ちたいとの願いから、募金を開始いたしました。

国際協力NGOとして途上国の女性と妊産婦の命を救う活動を行っているジョイセフが、今回は皆さまに、日本の被災地の女性や妊産婦に手を差し伸べていただくお願いをいたします。

ホワイトリボン・ジャパンのメンバーである(社)日本助産師会、そして(社)日本家族計画協会とともに、岩手・宮城・福島・茨城・青森・北海道の6道県にお住まいの開業助産師さんと協力し、地域の女性とお母さんたちに必要な支援を届けたいと思います。

不安な思いで日々を過ごす妊婦さんや、紙おむつが手に入らない、授乳や、着替えにも不自由するであろう避難所生活を強いられるお母さんと赤ちゃん、そして生理用品や下着などが手に入らず、でもなかなか言い出しにくく大きなストレスを抱える女性たちがたくさんおられます。このようなときに頼りになるのが地域で活動している助産師さんたちなのです。

かつての災害を通じて得た教訓を活かし、少しでも被災地の女性と妊産婦さんのご苦労を軽減するために、是非、皆さまのご協力をお願いいたします。

国際協力NGO ジョイセフ
事務局長
石井澄江

↑

寄付する

×閉じる