産婦への義援金(ケショ)7月は209名に支給

2011年8月2日

  • 活動レポート
  • お知らせ
  • 東北の女性支援

7月1日から開始した産婦への義援金(1人5万円)の7月の支給決定総数は、209名(岩手県43名、宮城県67名、福島県99名)でした。

7月の1カ月での、ジョイセフに寄せられたメールでの問い合わせが236件、電話での問い合わせが410件と、職員は連日対応に追われています。

まずは、できるだけ多くの皆さまにこの義援金のことを知っていただくことが、重要と考え、7月は、職員もできるだけのルートを使って広報に努めました。

関係各位の引き続きのご支援ご協力をお願い致します。

義援金(ケショ)についての詳細はこちら↓
震災で被災された産婦に対する義援金(ケショ)*支給について

義援金支給対象者

被災時に岩手県、宮城県、福島県の3県に住民票があった被災者(居住する家屋が「全壊」または「半壊」した者、または、福島第一原子力発電所の「警戒区域内(20キロ以内)」に居住していた者)で、平成23年3月1日から12月31日に出産した女性。

(鈴木良一)

義援金支給者 速報  (2011年8月2日現在)

 

↑

寄付する