3月8日は「国際女性デー」。写真家レスリー・キーも支援に参加さらなるエールを、被災地と途上国の女性たちへ

2012年3月7日

  • 活動レポート
  • お知らせ
  • 東北の女性支援

公益財団法人ジョイセフ(東京都新宿区)は、国際女性デー(3月8日)を迎えるにあたり、世界中のすべての女性たちの健康とエンパワーメントを願い、みなさまの引き続き温かいご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。
ジョイセフは、2011年3月11日の東日本大震災の直後から被災地支援を実施してきました。世界中から温かいご協力をいただき、日頃私たちが支援している開発途上国からも被災地への支援が多く届きました。苦しい時は「お互いさま」という思いが世界中にあることも私たちは痛感いたしました。ジョイセフは、国際女性デーという世界中が女性にエールを贈る記念すべきこの日に、被災地への引き続きの支援を行うこと、そして開発途上国への引き続きの協力も、「お互いさま」を合言葉に、さらに推進していきます。

【特集】2012 国際女性デー
http://www.joicfp.or.jp/jp/special_feature/2012international_women/

※国際女性デーとは
国連が1975年より3月8日と定めた記念日。女性たちが、平等、安全、開発、組織への参加のための努力により、どこまで可能性を広げてきたかを確認すると同時に、今後のさらなる前進に向けて話し合う場として設けられた。

【HOT NEWS】 昨年ジョイセフとともに被災地を訪れた写真家レスリー・キーが、世界10カ国の各国を代表するアーティスト15名に声をかけ、撮影を行い、アンテプリマとの共催で写真展の開催および写真集を発行します。収益の全額が、ジョイセフを通じて被災地の女性を支援します。

『THE COLORS OF HOPE』写真展
会期:2012年3月9日(金)~13日(火)

<9日、13日~16:00、11日~20:00、にて閉場>

会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
TEL: 03-3497-0360 ※左記電話番号はイベント期間中のみの対応となります
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
主催:アンテプリマ、レスリー・キー

『COLORS OF HOPE』写真集
AYUMI HAMASAKI, DENISA DVORAKOVA, KIT CHAN, AYA UETO, ANDREJ PEJIC, TAEHEE KIM, AI TOMINAGA, GAILE LAI, JONTE’ MOANING, KIKO MIZUHARA, OUYANG FEI FEI, MAKI HORIKITA, ALAN, MEGHAN COLLISON, ANNA TSUCHIYA
価格 5250円 (税込)

【本件に関するお問合せ】
ジョイセフ 広報グループ 甲斐
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-10  保健会館新館
Tel:03-3268-3454  携帯: 090-9299-3486
E-mail: pr@joicfp.or.jp  http://www.joicfp.or.jp

ジョイセフとは:
ジョイセフは、途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野における人材養成、物資支援、プロジェクトを通した様々な支援を行っています。 2011年3月11日の東日本大震災以降は、被災地東北での支援活動も行っています。

↑

寄付する

×閉じる