エチオピアで女性と若者の健康と権利を守るNGO

2016年8月19日

  • 活動レポート
  • アドボカシー
  • インタビュー&ストーリー

2016年8月上旬、国際家族計画連盟(IPPF)のエチオピア加盟協会「IPPFエチオピア」の本部と併設のクリニックを、ジョイセフ職員が訪ねました。IPPFエチオピアは、現地ではFamily Guidance Association of Ethiopia(FGAE)の名で広く知られています。

01
クリニック全景


IPPFエチオピアは、IPPFが取り組むセクシュアル・リプロダクティブヘルス/ライツ(SRHR、性と生殖に関する健康と権利)を推進するNGOです。アフリカの非常に多くの国にあるIPPFの加盟協会の中でも、大きな組織の一つです。

日本の約3倍の国土に支部が8つあり、クリニックは55あります。若者への包括的性教育、医療従事者の研修、クリニックでの避妊や妊娠・出産へのアドバイスや子宮頸がん検診など、事業は実にさまざまです。常勤スタッフは700人、一線で活躍するボランティアは1700人にも上ります。また、分娩台など多くの設備が日本政府の資金協力で設置されています。

  • 02

    医療従事者を対象とした研修風景
  • 03

    日本政府の資金による新生児用の機器
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


医師ナドゥ・メコネン(Nadew Mekonnen)さんの話を紹介します。

04
ナドゥ・メコネンさん


Q:医師になったきっかけは何ですか。
A:母は7人子どもを産みましたが、生き残ったのは2人だけで、その一人が私です。当時、特に地方では予防接種ができなかったり、衛生状態が悪かったり、近くに病院がなかったりして、多くの子どもが命を落としていました。そんな状況を変えたいと思って医師を志しました。

Q:なぜこのクリニックで働いているのですか。
A:母はもちろん、すべての女性を尊敬しており、女性たちのために働きたいからです。女性たちは家事や育児に忙しく、お金も節約し、自分のためには病院に行きません。そんな女性たちのためにサービスを提供できるこの病院で働けることに大きなやりがいを感じています。また、多くの病院では一度に一つのサービスしか受けられないのですが、ここではそれぞれのニーズに応じて、一度に三つ以上のサービスを提供しています。また、多くのサービスが無料であることから、患者さんの満足度が高いことがうれしいです。

Q:課題は何でしょうか。
A:スタッフはよく訓練されていますが、人数が足りず、部屋も不十分です。家族計画や性暴力被害者へのカウンセリングなど、長期的支援が必要なサービスも多いので、長期的に質の高いサービスを持続できるような資金確保が課題です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


エチオピアでは今も18歳未満の女児の「児童婚」や、女性性器切除(FGM)の慣習が一部で残り、IPPFエチオピアはジェンダー平等や女性のエンパワーメントの観点でも、政府と連携して活動しています。セックス・ワーカーと呼ばれる性産業従事者に特化したサービスも提供しています。
最近は特に若者を対象にした事業を重視しています。気軽に相談に来られる「ユース・センター」の設置や、児童・生徒対象に卓球や演劇などのクラブをつくって活動し、男女ともに楽しみながら、自分の権利と健康を守ることを促しています。

(アドボカシーグループ 宮地佳那子)

05
クリニックの助産師たち

※IPPFエチオピアの訪問は外務省の「NGO海外スタディ・プログラム」を活用した、IPPFアフリカ連合連絡事務所でのインターンを通じて実現しました。なお、ジョイセフはIPPF東京連絡事務所を務めているため、IPPFアフリカ連合連絡事務所とも深い親交があります。

↑

寄付する

×閉じる