I LADY.アクティビストのくわばたりえさん、真備でトークイベント

2019年10月3日

  • HOT TOPICS
  • イベント・キャンペーン
  • 西日本豪雨被災女性・母子支援

2019年9月29日(日)、岡山県倉敷市真備町で昨年7月の西日本豪雨被災したママとその家族限定の「MOM meets MOM “くわばた りえ”さんトーク&交流会」と助産師さんによるアロマハンドマッサージを岡山県助産師会と共催で行いました。

真備町では市街のほとんどの住宅の1階部分が水に浸かり、1年以上たってもまだ修復されていない家屋がみられます。やっと児童館のある真備保健福祉会館は修復されましたが、大人数を収容できる会館などはなく、今回のイベントは「まびシェア」で実施しました。スペースに限りがあるため限定70名(親子で)で参加者を募ったところ、すぐに定員になってしまうほどの人気でした。

くわばたさんが、笑いを交えてご自身の子育ての体験談を話すと、会場のママたちは共感しながらうなずき、時には感動して涙を流していました。

くわばたさん自身も、涙ながらに語られ、より一層みんなの心に残ったと思います。「子育てをしていると、イライラしてノイローゼ気味になり、『なぜこの子は!』と思ってしまう。そんな時のことほど不思議と記憶に残っている、そういう思い出は振り返ると懐かしいし、心に響くもの。だから子どもがぐずったり、困らせたりと感じたときには『この子は記憶の親孝行をしている』と思えばいい・・・」という言葉には、ぐっと胸に迫るものがありました。子どもがお母さんのためにと手伝ってくれた話には、会場のあちこちで涙をぬぐう姿が見られました。

トークが終わった後、くわばたさんは参加者一人ひとりと記念写真を撮ったりお話をしたりと、にぎやかなひと時を過ごし、参加したママたち、子どもたちは皆笑顔で会場を後にしました。


くわばたさんの退室後、助産師さんのアロマハンドマッサージでは、助産師さんと話をしながらリラックスするママも!

↑

寄付する

×閉じる