COVID-19は女性により大きな影響を与える

2020年4月3日

  • 世界のデータ
  • COVID-19関連
  • HOT TOPICS
  • ジョイセフコラム

 2020年4月3日現在、世界各地で100万人を超える感染者が判明し、5万3000人以上が亡くなっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。感染の危険はだれにもありますが、女性への感染拡大の影響について、多くの国連・国際機関が警鐘を鳴らしています。

 感染の拡大は医療面だけではなく、社会や経済にも影響をもたらしており、特に女性は以下の点で深刻な影響を受けると指摘されています。

1)女性の占める割合が70%にのぼる看護師、助産師をはじめとする保健医療従事者、介護者、地域ボランティアなどは、感染症対応に最前線で取り組むため、感染リスクが高くなります。
 また、女性は家庭での無償労働を平均で男性の3倍担っており、感染症の拡大に伴って、家庭での介護負担がより増大する可能性があります。

2)非正規雇用、不安定雇用に占める女性の割合が高いため、経済の悪化による失職に直面する可能性も女性の方が高いと考えられます。
 感染防止のために自粛を余儀なくされる旅行、外食、食品加工などの業種には正規労働者でも女性の割合が高く、外出禁止による経済的な影響をより大きく受けてしまいます。

3)外出禁止の状況やそれに伴うストレスは、家庭内暴力(DV)や性的搾取を招きます。
 国連人権高等弁務官事務所の専門家によれば、非常事態が宣言されると被害女性向けのシェルターや支援団体などが活動縮小を迫られ、地域社会の支援も弱まり、警察の介入が少なくなるなど、DVや性的搾取の被害リスクを高めます。特に、障害のある女性や非正規の移民、人身売買の被害者にとってのリスクが大きく、国や警察が積極的に介入する必要があ強調されています。

4)COVID-19への対応にリソースが集中することにより、安全な出産ができなくなるだけでなく、家族計画や産前産後の母子のケアなど、リプロダクティブ・ヘルス分野のサービスは緊急性が低いとして後回しにされがちです。
 しかし、リプロダクティブ・ヘルスは”時間との戦い”の側面が強く、後回しにされることが命のリスクにつながりやすい分野です。妊産婦は出産するタイミングを自由に選ぶことはできず、産前健診を含む保健医療サービスなしには出産はより危険なものとなります。

 実際に、ジョイセフが連携している国際家族計画連盟(IPPF)に加盟する世界各地の家族計画協会(MA:Member Association)は、COVID-19の影響への対応を迫られています。
 モロッコでは、妊娠に関係する産前産後ケアの提供に支障が出はじめました。一方、香港では、病院がCOVID-19への対応を優先し、望まない妊娠をした女性の中絶手術受け入れを制限した結果、家族計画協会のクリニックに予約が殺到し、2週間後まで待たなくてはならないケースも出てきました。
 保健施設の少ない国々では、施設に通うのが難しい地域に保健スタッフが出張して診療や相談対応などを行う「アウトリーチ」という取り組みが行われていますが、アフガニスタン、ウガンダ、ナイジェリア、ケニア、ガーナなどでは、移動制限によってこうした活動も行えなくなりました。各国MAは、クリニックの活動を何とか継続する努力をしていますが、営業時間を短縮せざるを得ない国や、必要な医療用器材が不足し始め、スタッフを感染から守る用具が高騰し入手が困難になった国もあります。スタッフの雇用を保証できずクリニックが閉鎖され、サービスができなくなることも、深刻な問題となりつつあります。

 感染の拡大によって、世界各地で移動制限や国境封鎖がなされ、現地で活動していたジョイセフのスタッフは一時帰国せざるを得ず、リモートワークを行なっています。世界的な危機の中でも、ジョイセフやIPPFとその加盟協会は、女性や妊産婦を守るという役割を果たさなくてはなりません。今後もIPPFやプロジェクト地域の協力団体と密接に連絡を取り、できる限りの活動を行ってまいります。
 今後とも、ジョイセフの取り組みにご理解とご支援をいただききますよう、お願いいたします。

関連サイト:
In Focus: Genger equality matters in COVID-19 response, UN Women
https://www.unwomen.org/en/news/in-focus/in-focus-gender-equality-in-covid-19-response
Women and COVID-19: Five things governments can do now, UN Women
https://www.unwomen.org/en/news/stories/2020/3/news-women-and-covid-19-governments-actions-by-ded-bhatia
Nursing and Midwifery,Key facts, WHO
https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/nursing-and-midwifery

States must combat domestic violence in the context of COVID-19 lockdowns – UN rights expert, UN Human Rights, Office of High Commissioner
https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=25749&LangID=E
COVID-19 Impact, IPPF
https://www.ippf.org/covid19

↑

寄付する

×閉じる