5月28日「女性の健康のためのアクション」国際デーに、私たちができること

すべての人が自分のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR) を享受できる世界を目指して

5月28日は、「女性の健康のためのアクション」国際デーです。1987年に中米コスタリカで開催された「国際女性の健康会議」から始まりました。世界中の女性や少女はもちろん、アクティビストたちが、毎年この日を共に祝い、声を上げ、連帯して様々な課題に挑戦し、活動を続けてきました。

しかし、コロナ禍の今、女性の人権、とりわけSRHRは大きく後退しています

コロナによる医療の逼迫のために、またはそれを口実に、家族計画や産前産後の母子ケアなどのリプロダクティブ・ヘルス・サービスが後回しにされ、資金や人材が不足しています。その結果意図しない妊娠や、安全でない中絶を受けるリスクが増えています。若年での妊娠・出産は母体の負担が大きく、また少女が教育を受けられなくなることで将来にわたり経済的に不利な状況に置かれる可能性が高くなります。加えて、産前産後に適切なケアを受けられないことにより、本来予防できたはずの妊産婦や新生児の死亡が防げなくなります。

女性の占める割合が70%に上る、看護師、助産師などの保健医療従事者、介護士等、人との接触の多いケア労働の現場では、コロナの感染リスクが上がります。コロナ禍が長期化する中、過酷な環境で働き続けることで心身ともに健康を害する高いリスクにもさらされています。

外出自粛や禁止により家庭内で時間を過ごすことが増え、家族以外の人との接触が減ったことで、家庭内や親密な関係の中における女性や少女への暴力のリスクが高まりました。このような暴力は「影のパンデミック」と呼ばれるほど、世界各地で増加しています。

また共働き家族で共に在宅勤務を行う環境であっても、家事や無償ケアに女性が費やす時間は男性より圧倒的に多く、女性への負荷が高い状況が続いています。

さらに男性と比べて非正規やインフォーマルな形態の雇用に就くことの多い女性は、経済の悪化に伴い、収入が減ったり、仕事を失ったりして貧困に陥るケースが増加しています。

2021年5月28日、ジョイセフは Women’s Global Network for Reproductive Rights (WGNRR) やIPPF 東・東南アジア・大洋州地域事務局(IPPF ESEAOR)等の世界各地の仲間たちと共に、女性の人権とSRHRを守るために行動します。

今、世界各国の仲間たちが、ハッシュタグを付けてSNSで声を上げています。

#Women’sHealthMatters
#EndInequalityPandemic
#SRHRisEssential
#May28

ぜひ、この4つのハッシュタグをSNSでたどってみてください。ジョイセフのSNSでも発信しています。投稿をシェア、リツイート、リポストして一人でも多くの方に「女性の健康のためのアクション」国際デーを広めてください。皆さんからのSNS投稿を心からお待ちしています。

今より後退させない

ジョイセフと共に格差のないジェンダー平等な社会を目指して、今できることを。皆でアクションを起こしましょう!

参考:
International Day of Action for Women’s Health 公式サイト

ジョイセフでは、毎月継続的にジョイセフの活動を支えてくださる「ジョイセフフレンズ」を募集しています。

6・7月はウェルカムキャンペーン月間!
キャンペーン期間中、新規でご入会いただいた方には、大好評の焙煎したての香り豊かなジョイセフキリマンジャロコーヒー(豆 or 粉)200gをプレゼント。

ジョイセフフレンズとは
世界の女性たち「フレンズ」を、毎月2,000円から継続的に支援するマンスリーサポーターです。

月額2000円を1年間支援すると、アフガニスタンの女性36人に、クリニックでの保健医療サービスを提供できます
たとえば、
  • 男性医師に肌を見せられない保守的な地域の女性のために、女性の医師とスタッフが対応する診療体制を用意できます。病気や妊娠の際に、女性が安心して受診・相談できる保健サービスにより、女性や赤ちゃんの命を守ることができます。
  • 12,13歳といった低年齢で結婚を強要され、毎年のように出産を余儀なくされている少女たちが、家族計画に関する知識を得たり、ピルやコンドームを手に入れることができます。
PICK UP CONTENTS