アフリカの妊産婦と女性の命を守る~持続可能なコミュニティ主体の保健推進プログラム

すべてのプロジェクトガーナ母子保健プライマリヘルスケア / 地域保健強化ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 アフリカの妊産婦と女性の命を守る ~持続可能なコミュニティ主体の保健推進プログラム
実施国 ガーナ
活動の目的 ケニア、タンザニア、ザンビア、ガーナの4か国対象に、保健サービスへのアクセスが悪く、リプロダクティブヘルスのニーズが高い地域で望まない妊娠やHIV/エイズを含む性感染症などの予防や、児童婚や強制婚、女性性器切除など、女性・女児の人権や健康を脅かす慣習の改善を目指す。
実施地域 ガーナ: コウイースト郡
対象人口 ガーナ 対象地域住民 約10万人(4か国の母子保健推進員、若者ピア・エデュケーター、助産師などを中心とする保健医療従事者 2000人(最終裨益人口は、4か国の対象地域住民合計135万人)
実施期間 2018年~2022年(5年間)
スキーム等 武田薬品工業(株)グローバルCSRプログラム
共同実施機関(現地) IPPFガーナ(ガーナ家族計画協会)
背景 ジョイセフは武田薬品工業株式会社(本社:大阪市、以下「武田薬品」)の「グローバルCSRプログラム」パートナーに決まりました。2017年度後半から5年間、アフリカ4カ国で保健推進プログラムを実施します。
 このプログラムは、持続可能な開発目標(SDGs)の「目標3:すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献するため、途上国の人々の健康、とりわけ予防を重点テーマとするものです。武田薬品からの寄付金7億5000万円を活用し、ケニア・タンザニア・ザンビア・ガーナで、地元住民/NGOとともに、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスサービスを中心とした妊産婦と女性の命を守る保健活動を推進します。
 ジョイセフの活動の特徴は「住民主体」です。重点地域は農村部で、主な対象は貧困層の妊産婦や10代の少女です。特に少女は、望まない妊娠やHIV/エイズを含む性感染症のリスク、児童婚や強制婚、人権や健康を脅かす慣習にさらされています。そのために、コミュニティのリーダーや男性を含む住民全体の積極的な参画が不可欠です。住民への啓発を担うボランティアとサービスを草の根で提供している保健人材の養成を行います。
主な活動 プロジェクトでは、住民への啓発を担うボランティアとサービスを草の根で提供している保健人材の養成を行います。

  1. ガーナでは、母子保健推進員180名と若者ピア・エデュケーターを160人育成しました。また助産師や看護師等の保健スタッフも120人研修を行い、質の高い保健サービスを提供できるようにしています。
  2. 対象地域住民約10万人に女性の命と健康を守る知識とサービスを届けます。育成された母子保健推進員や若者ピア・エデュケーターが自らの住むコミュニティ住民に対し、正しい知識を提供し、特に女性が必要な時に質の高いサービスを受けられるよう、助言します。伝統的助産師(医療従事者として訓練を受けていない、コミュニティに住む出産介助をする女性)にも、母子保健推進員になってもらい、自分で出産介助をする代わりに、医療従事者のもとでの出産を勧めてもらうことで、出産時に死亡するリスクを下げることを目指します。それ以外にも、思春期の妊娠の予防や家族計画の普及など、現地の人たちが必要とする保健サービスを届けています。さらに、保健スタッフ、母子保健推進員、若者ピア・エデュケーター、伝統的助産師等の関係者が、定期的に会合を開き、経験と課題を共有しています。

研修でマギーエプロンの使い方を学ぶ参加者

伝統的助産師の定期会合の開催

母子保健推進員と伝統的助産師の経験共有

保健スタッフ対象の5S研修を実施

コミュニティでの母子保健推進員の就任式

ピア・エデュケーター研修でのロールプレイ

グループワークを通じた活動計画の策定

PMTCT研修で、検査の練習を行う参加者

必要な医療機材の提供

プロジェクト関係者による合同モニタリングの実施

現地からの声
ベアトリス・オパタ(Beatrice Opata)、34歳、イースタン州、スフム郡、アジェイ村に住む5人の子どもの母

ベアトリスはそれまで4人の子どもを産むのに、ほとんど保健施設に行ったことがなく、伝統的助産師(TBA)による介助で出産してきました。それでも問題なかったので、5人目も自宅でTBAの介助により出産するつもりでしたが、今までTBAとして活動してきたジュリアナ・テイコが、ベアトリスを訪ね、産前健診を受けることの重要性について話をしました。(プロジェクトでは、妊産婦死亡の低減も含めたRHの向上を目指していますが、TBAも母子保健推進員として育成することで妊産婦死亡のリスクを減らす戦略をとっています)でもベアトリスは、今までも問題はなかったし、交通費もかかるので保健施設に行くことをためらっていました。ところが、出産間近になって、ひどい頭痛に襲われ、夫が不在だったため、母子保健推進員として来てくれたジュリアナのことを思い出し、連絡したところ、彼女はすぐに来てくれ、近くの保健施設に連れていってくれました。そこでは対応しきれなかったため、スフム郡病院に搬送されたものの、そこでも対応が難しいほど深刻な状況であり、さらに州病院にまで搬送されました。そこで帝王切開を施され、無事に出産することができましたが、もし母子保健推進員であるジュリアナがいなければ、ベアトリスは助かっていなかっただろうと、最初の保健施設で彼女を診断した准医師は言っていました。

↑

寄付する

×閉じる