取り組み/活動
ジョイセフは世界35カ国でのプロジェクト実績があります

プロジェクト

プロジェクト写真国際協力機構(JICA)、外務省、国連、国際機関、現地政府、現地NGOや地域住民と連携し、アジアやアフリカで、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)、母子保健などの分野で活動を行っています。1968年の創立以来、35カ国でプロジェクトを実施してきました。

地域・国で検索 活動分野で検索 アプローチで検索 SDGsで検索

緊急復興支援

緊急復興支援写真地震や津波、豪雨など大規模な災害が発生した時に、弱い立場に置かれ支援のニーズが見落とされがちな女性と母子を対象に、国内外で支援活動に取り組んでいます。

「緊急復興支援」についてもっと知る

人材養成

人材養成写真開発途上国の関係者を日本に招へいし、リプロダクティブ・ヘルスや母子保健の重要課題について、日本の母子保健活動の経験や取組みを中心に相互に学ぶ研修を行っています。また、日本の若者を対象としたライフスキルワークショップ、教育機関や一般市民団体を対象に講義・講演会を行っています。

「人材養成」についてもっと知る

アドボカシー

アドボカシー写真セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)推進やSDGsの達成、とりわけ国際保健や女性のエンパワーメント、ジェンダー平等に向けた提言活動と啓発活動を行っています。

「アドボカシー」についてもっと知る

キャンペーン

キャンペーン写真世界の女性と女の子を支援するチャリティ企画やアイテムの販売、ジョイセフフレンズや著名アクティビストたちとともに実施する広報イベントなどを通じて、認知普及や支援活動への参加を促しています。

「キャンペーン」についてもっと知る