アジア地域におけるリプロダクティブ・ヘルスへの男性参加促進プロジェクト (Change!)

すべてのプロジェクトモンゴル家族計画母子保健ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 アジア地域におけるリプロダクティブ・ヘルスへの男性参加促進プロジェクト(Change!)
実施国 モンゴル(UNFPAアジア太平洋地域プロジェクト:モンゴル、ミャンマー、インドネシアの3か国で実施)
活動の目的 リプロダクティブ・ヘルスへの男性参加を促すためのモデル事業を実施し、効果的なBCC戦略を確立し、アジア地域に広くその経験を普及することを目的とする
実施地域
  • バヤズルク地区
  • アルハンガイ地区
  • ソンガルハイハン地区
対象人口 19歳~45歳までの既婚男性
実施期間 2004年1月~2007年12月
スキーム等 国連人口基金(UNFPA)アジア太平洋地域事務所委託事業
共同実施機関(現地) 保健省国立保健開発センター(NCHD)
主な活動

1.農村部などから出稼ぎや仕事を探しに来ている男性を対象に、公的な社会保障サービスに関する情報提供とともに、男性ボランティアによるリプロダクティブヘルスに関するセッションを実施

男性ボランティアが地域男性に対し、妊娠についての説明をする

男性ボランティアが地域男性に対し、妊娠についての説明をする

2.啓発メッセージを広く伝えるために、TV スポットや街中の看板を活用するなど、複数の情報ルートでコミュニケーション活動を実施

妊婦健診に訪れた夫婦

妊婦健診に訪れた夫婦

男性ボランティアによるコミュニケーション活動を通じて、より多くの男性がリプロダクティブ・ヘルスに関する知識を得、その結果、妻の産前健診に付き添う男性の数が活動を開始した当初の15人から、翌年には126名に増加した。

現地からの声 モンゴル、第5小区の男性エデュケーターの声

「男性エデュケーターとしてトレーニングを受けてから、周りの男性たちにも影響を与えてきています。男性ははじめはシャイで関心がなさそうにみえますが、一度連れ出してみるとリプロダクティブヘルスに関する情報がとても有益だと言います。私は男性エデュケーターは他の男性に情報を届けるのにとても効果的だと思いますし、リプロヘルスにおいて男性参画を促進することができると思います。」

↑

寄付する

×閉じる