ミャンマーにおける草の根レベルの行動変容コミュニケーション活動能力強化プロジェクト

すべてのプロジェクトミャンマー母子保健ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

スキーム等パッカード財団委託事業

プロジェクト名 ミャンマーにおける草の根レベルの行動変容コミュニケーション活動能力強化プロジェクト
実施国 ミャンマー
目的 保健省・保健局・健康教育推進本部スタッフの、リプロダクティブ・ヘルスのアドボカシーや健康教育のための、映像制作、及び印刷媒体制作の能力強化を行う
実施地域 全国
対象人口 15~49歳の女性とその夫や家族
実施期間 2002年9月~2005年12月
共同実施機関(現地) ミャンマー保健省・保健局・健康教育推進本部
主な活動

1.安全な母性をテーマとした、紙芝居制作、及びテレビ・ドラマ制作などを通して、保健省の健康教育推進本部の映像制作スタッフ、及び印刷媒体の制作スタッフの能力を強化。

保健省健康教育課のスタッフに技術移転トレーニング

保健省健康教育課のスタッフに技術移転トレーニング

2.講義形式のセッションを通して、教育教材の企画、行動変容に対する取り組みについて、研修を実施。

3.同じテーマとストーリーを基に展開する「マルチ・ソルーション技術」を活用したメディア制作技術が現地スタッフに移転。

<マルティソリューション技術で制作された教材等>
ビデオ
能力強化活動を通して、安全な母性、男性参加や地域の支援をテーマとした『双子の天使』というタイトルのアドボカシードラマを制作。VCDとして2000枚配布。国営放送(MRTV)を通じて2週間に1回全国放送、1年間を通して合計48回放映。
紙芝居
『双子の天使』は紙芝居として制作。男性保健ボラティアや、若者ボランティアはそれを活用し、地域の中で男性参加を促すための啓発活動を展開した。

ミャンマーの若手画家が紙芝居の原画を描く

ミャンマーの若手画家が紙芝居の原画を描く

現地からの声 担当者の声

「ミャンマーで人気のテレビドラマに目をつけ、安全な母性に関わる問題を伝えるために、ジョイセフと保健省のスタッフが中心となってアドボカシードラマを制作しました。このドラマを通じてミャンマーのお母さんの健康が改善されることを願っています。」

↑

寄付する

×閉じる