カピス州における地域に根ざしたリプロダクティブ・ヘルス統合プロジェクト

すべてのプロジェクトフィリピン母子保健思春期保健プライマリヘルスケア / 地域保健強化ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 カピス州における地域に根ざしたリプロダクティブ・ヘルス統合プロジェクト
実施国 フィリピン
活動の目的 地域に根ざしたリプロダクティブ・ヘルス教育とサービス提供による、住民のリプロダクティブ・ヘルスの向上を目指す
プロジェクト地区 カピス州
対象人口 男性、女性、10~24歳の若者
スキーム等 人間の安全保障基金による事業
実施期間 2000年10月~2004年12月
共同実施機関 UNFPAフィリピン事務所(執行機関)、カピス州政府(実施機関)
主な活動

バタンガス州での経験を活かし、地域密着型リプロダクティブ・ヘルスプログラムをカピス州に拡大。プロジェクト終了後の活動の持続を目指したモデルプロジェクトを実施。
保健推進員・男性ボランティア・親リーダー・若者ボランティアという4種類のボランティアが養成され、それぞれの対象に対して活動を展開しました。

若者ボランティアの活動

若者ボランティアの活動

カピス州の活動は、フィリピン政府保健省からベスト・プラクティスにも選ばれ表彰されました。

現地からの声 担当者の声

「若者ボランティアの中心的存在だったパンチョー君は、その後州保健局の青少年活動の担当者に抜擢されました。村長のリーダーシップ、保健スタッフやボランティアの献身的な活動により推進されたプロジェクトでした。」

↑

寄付する

×閉じる