地域と保健施設の連携によるリプロダクティブサービスの強化プロジェクト

すべてのプロジェクトタンザニア母子保健プライマリヘルスケア / 地域保健強化ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 地域と保健施設の連携によるリプロダクティブサービスの強化プロジェクト
実施国 タンザニア
実施地域 シニャンガ州シニャンガ県ニンド郡イセラマガジ地区、リャブサル地区、ムワンティニ地区、ニャマロゴ地区、パンダギチザ地区、ムワルクワ地区
対象グループ 対象地域に居住する妊産婦、出産可能年齢の女性、新生児
活動の目的 対象地区の女性にとって質のよいリプロダクティブヘルス(RH)のサービスが利用しやすくなる
支援団体等 国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業、一般支援者からの募金
実施期間 2011年3月~2015年3月
共同実施機関(現地) IPPFタンザニア(タンザニア家族計画協会:UMATI)、シニャンガ県保健局
主な活動内容
  1. 家族計画および産前・出産・産後ケアを含む正しいRH知識と情報の伝達
    • 保健ボランティアの養成研修・再研修
    • 保健スタッフおよび保健ボランティアへのIEC/BCC技能強化研修
    • 保健スタッフおよび保健ボランティアによる啓発活動(IEC/BCC)の実施
  2. ニンド保健センターおよび診療所で提供するRHサービスの質の向上
    • 基礎的医療機材・医薬資材の供与
    • 保健スタッフへの技能研修、クライアントフレンドリーサービス研修の実施
  3. 継続ケアのためのニンド保健センターおよび診療所と地域の間の連携体制の整備
    • RHサービス利用促進のための、保健スタッフ、保健ボランティア、地域による連携の強化
    • 連携強化による保健スタッフおよび保健ボランティアによる妊産婦へのフォローアップの徹底

↑

寄付する

×閉じる