人材養成

プロジェクトは一定の期間の中で、必要な技術や支援を提供し、問題解決を図る取り組みです。プロジェクトが始まれば、必ず終わる日が来ます。
プロジェクトが終了した後も、妊産婦や女性の健康を守るサービスや活動が継続するするために大切なことは何でしょうか?

その鍵をにぎるのは地域の「人材」であるとジョイセフは考えます。
地域のリプロダクティブ・ヘルスを守っていけるのは、最終的にはその地域の人びとに他ならないからです。

プロジェクトでは保健従事者や、政府、NGO、地域のリーダーなど、リプロダクティブ・ヘルス推進を担う人材に対するトレーニングを繰り返し行います。
彼らがリプロダクティブ・ヘルス推進の重要性を理解し、必要な知識や技術をしっかりと身につけることが、プロジェクト終了後もサービスや活動が持続・発展するために不可欠です。

同時に、人材や必要な資金・物資が確保され、活動が継続されるためのしくみづくりも重要です。

プロジェクトでは、リプロダクティブ・ヘルス推進に関わる行政や地域組織などを巻き込むことで各組織の連携を促し、地域のリソース(資源)を最大限活用することで地域に活動が根付くことを目指します。

ジョイセフは、市民社会や企業、国際機関や政府など様々なセクターと連携しながら、上記のようなプロジェクトを運営する他、専門家や専門家チームとしてスタッフを派遣し、現地のプロジェクト関係者などに対し、行動変容のためのコミュニケーション技術を移転し、プロジェクトそのものやプロジェクトに関わる人々の能力強化なども行っています。

日本国内においても、研修を通じて開発途上国の人材の育成、また国際協力分野で活躍する人材の育成に取り組んでいます。

ジョイセフ 8つの主な支援活動

人材養成 コミュニティのネットワーク強化 啓発教育 行動変容のための教材開発 施設改善 資器材供与 リサイクルによる支援 アドボカシー

↑

寄付する

×閉じる