【シンポジウム】 マルチセクターで取り組むポストMDGsの課題

2013年7月30日

  • イベント・キャンペーン

NGOフォーラム

ジョイセフからは、事務局次長の勝部まゆみが、タンザニアの事例からジョイセフの活動を紹介します。

―NGO-労働組合国際協働フォーラム 国際シンポジウム(9/4)―
マルチセクターで取り組むポストMDGsの課題

「世界の貧困を半減する」ことなどを目指す世界共通の目標として掲げられたMDGs(ミレニアム開発目標)。その達成期限である2015年が迫る中、私たちには一体なにができるのでしょうか。

『NGO-労働組合国際協働フォーラム』では、NGO、労働組合をはじめ、行政・自治体、企業などさまざまな視点から、これまでの取り組み、またMDGs達成期限である2015年以降のあり方について考えるシンポジウムを開催します。(*JANICがNGO側の事務局を担当)

NGO、労働組合だけでなく、企業や自治体、政府機関、その他MDGsの達成に関係するあらゆるセクターの方々や個人の皆様の参加も大歓迎です。

みなさまのご参加、お待ちしています!


【日時】2013年9月4日(水)13時00分~16時30分(開場12時00分)
【会場】連合会館 2階大会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)http://rengokaikan.jp/access/  
【参加費】無料
【主催】NGO-労働組合国際協働フォーラム
【後援】外務省 、1%(ワンパーセント)クラブ


詳細はこちら
http://www.janic.org/event/ngo-_94_mdgs.php

 

↑

寄付する

×閉じる