バタンガス州における住民主導リプロダクティブ・ヘルス(CoRH)/栄養改善統合プロジェクト

すべてのプロジェクトフィリピン母子保健思春期保健プライマリヘルスケア / 地域保健強化保健システム強化ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 バタンガス州における住民主導リプロダクティブ・ヘルス(CoRH)/栄養改善統合プロジェクト
実施国 フィリピン
活動の目的 地域に根ざしたリプロダクティブ・ヘルス教育とサービス提供による、住民のリプロダクティブ・ヘルスの向上を目指す
プロジェクト地区 バタンガス州
対象人口 男性、女性、10~24歳の若者
スキーム等 企業連携事業(味の素株式会社)
実施期間 2002年10月~2005年3月
共同実施機関(現地) バタンガス州政府
主な活動
  1. 地方分権化を進めるフィリピンにおいて、地方政府およびコミュニティの実施運営能力強化を進めながら、栄養と統合したリプロダクティブ・ヘルス改善を目指す健康促進モデル事業を実施。
  2. 栄養不良の子どもには栄養補給の給食クラスが開かれ、合わせて簡単で栄養価の高い料理指導も母親に対して行った。

    子どもの栄養指導の様子

    子どもの栄養指導の様子

  3. 村レベルには「バランガイ・タスクフォース」が組織され、村長・助産師・保健推進員・男性ボランティア・若者ボランティアが中心的メンバーになり、活動の計画・実施・レビューを定期的に行い、リプロダクティブ・ヘルス活動が進められた。活動の持続性を考慮し、村ごとに収入創出活動を行った。また村の条例にリプロダクティブ・ヘルスへの活動のための予算化を明文化することで、活動が村の事業の一環で行われるような環境をつくった。
現地からの声 担当者の声

「バタンガス州のプロジェクト地区は、内外からたくさんの人が視察に訪れ、その経験からたくさんのことを学びに来ています。2町からスタートしたプロジェクトは、8町に拡大しました。ジョイセフからの直接的な支援は2005年に終了しましたが、今でも州の保健局を中心に、自分たちの力でリプロダクティブ・ヘルス推進活動が進められています。」

↑

寄付する

×閉じる