ザンビアの農村地域における妊産婦支援プロジェクト

すべてのプロジェクトザンビア家族計画母子保健ジェンダー / 女性のエンパワメントヘルスプロモーション1.貧困をなくそう3.すべての人に健康と福祉を5.ジェンダー平等を実現しよう

プロジェクト名 ザンビアの農村地域における妊産婦支援プロジェクト
実施国 ザンビア
活動の目的 プロジェクト地区における保健センターで出産介助が受けられる分娩を増加させ、より安全な妊娠や出産を推進する
実施地域 コッパーベルト州マサイティ郡フィワレ地区
対象人口 マサイティ郡 人口(117,000人)、フィワレ地区 人口(15,000人)の出産可能年齢(15~49歳)の女性、新生児
スキーム等 寄付金(一般支援者からの募金、(株)ユニクロ/Cath KidstonによるコラボTシャツの売上の一部からの寄付)
実施期間 2011年1月~2013年12月
共同実施機関(現地) IPPFザンビア(ザンビア家族計画協会:PPAZ)
主な活動
  1. 保健センターで提供する施設分娩サービスの質の向上
    • 保健センターに併設するマタニティハウスの建設を行い、産前産後のケアを通して妊婦たちが安心かつ安全に出産介助が受けられる施設に改善(建設には日本の建築家遠藤幹子さんに計画・設計の技術指導をしていただきました)
      MWH_header300-011
      日本からの寄贈物資(再生自転車)を運んだコンテナを使ったマタニティハウス。外壁を住人にペイントで装飾してもらいました。金色のベッドカバーとカーテンでコーディネートされた部屋はとても明るい雰囲気です。マタニティハウスは8部屋あり、妊婦さんの付き添い家族も一緒に泊まれます。
      また、部屋を出ると、妊婦さん同士で情報交換ができるラウンジとダイニングのスペースも作りました。
    • 保健センタースタッフを対象にしたクライアントフレンドリーサービス研修
    • 出産キットや避妊具の供給
  2. 母子保健推進員(SMAG)による啓発教育活動の強化
    • SMAG 150名の養成
    • 保健スタッフおよびSMAGによる啓発教育活動(IEC/BCC)の実施
  3. 妊産婦支援のためのコミュニティサポートシステムの確立
    • 妊産婦を地域全体でサポートしていくための村のリーダー等を含めたコミュニティサポートチーム(仮名)の設置
現地からの声 妊婦さんの感想:

ヘレン・チセンガ (35歳)
マタニティハウスを建てて下さりありがとうございました。ゆっくり休んでリラックスしながら陣痛が来るのを待てるので、とてもよい環境です。このマタニティハウスに最初に宿泊した妊婦になり、とても嬉しいです!
ジョイス・カムワナ (20歳)
とてもきれいなベッドと心地のよい家具で、気持ちよく宿泊出来、このマタニティハウスを建てて下さったことにとても感謝しています。
ラブネス・チャンダ (23歳)
マタニティハウスのお陰で、診療所までの距離がぐっと近くなった気がします。これで安心して陣痛を待ち、助産師さんのもとで出産することが出来るので、とても嬉しいです。周りの友達にも伝えていきたいです!


「赤ちゃん肌着は何枚も必要なので、とても嬉しいです!ありがとうございます。」と語る妊婦さん。(マタニティハウスに滞在した妊婦さんに株式会社赤ちゃん本舗からご協力・寄贈頂いた赤ちゃん肌着を配付しました。)

↑

寄付する

×閉じる