再生自転車

再生自転車海外譲与事業

ジョイセフは日本の12の地方自治体と「ムコーバ」(再生自転車海外譲与自治体連絡会)を構成しています。
放置自転車を修理・再生した自転車を、団体・企業・市民などから幅広い協力を得て、海外に譲与しています。
2016年3月までに91カ国に8万台以上の自転車を寄贈しています。

村々で活躍しているコミュニティー・ヘルス・ワーカーは遠い距離を自転車を使い移動し、家庭訪問や保健の啓発活動を行っています。再生自転車海外譲与事業は自転車の譲与のみならず、それを活用するコミュニティー・ヘルス・ワーカーの能力強化も行っています。

再生自転車 海外譲与 国別出荷実績

ムコーバ加盟自治体
東京都文京区、大田区、世田谷区、豊島区、練馬区、荒川区、武蔵野市
埼玉県川口市、さいたま市、上尾市
静岡県静岡市
広島県広島市

ムコーバ(再生自転車海外譲与自治体連絡会):MCCOBA = Municipal Coordinating Committee for Overseas Bicycle Assistance

再生自転車は、開発途上国の農村地域で保健推進員や助産師に贈られます。
保健推進員や助産師は自転車を利用して妊産婦を診療所に搬送したり、妊産婦の家庭を訪問して健康教育を行います。
1人の保健推進員や助産師が1台の自転車を手に入れることで、600~800人の村人に対して基礎的な保健医療活動を行えるようになります。

競輪補助事業完了のお知らせ

ring_ring_20142011年度(H23年度)、2012年度(H24年度)、2013年度(H25年度)、2014年度(H26年度)、2015年度(H27年度)、2016年度(H28年度)の再生自転車海外譲与事業は、(公財)JKAの競輪の補助金を受けて事業を完了いたしました。

PDF1(公財)JKA補助事業概要資料
平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度

2017年度(H29年度)の再生自転車海外譲与事業も、(公財)JKAの競輪の補助金を受け実施します。

また、この事業は様々な企業・団体の皆様からも協賛・ご支援を頂いています。
  • nihonyusen日本郵船
  • lotteロッテ

放置自転車

再生自転車海外譲与事業についてのQ&A

PDF1再生自転車海外譲与事業についてのQ&A(250KB)

↑

寄付する