ナンガハール州母子保健事業

紛争下の妊産婦と女性を守る保健推進プロジェクト

すべてのプロジェクトアフガニスタン母子保健ジェンダー / 女性のエンパワメント保健システム強化ヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を5.ジェンダー平等を実現しよう17.パートナーシップで目標を達成しよう

スキーム等寄付金等

プロジェクト名 ナンガハール州母子保健事業
~紛争下の妊産婦と女性を守る保健推進プロジェクト~
実施国 アフガニスタン
活動目的 女性医療従事者を通じて妊産婦と母子に保健医療サービスと情報(啓発教育)を継続的に提供し、母子保健を向上する
実施地域 ナンガハール州ジャララバード市郊外の10村
対象人口 3万4000人
実施期間 2011年~
共同実施機関(現地) アフガン医療連合センター(UMCA)
主な活動 いまだ復興の過程にあるアフガニスタンでは、医療施設や女性医療従事者の不足などにより、依然として女性と母子が質の高い保健医療サービスに十分にアクセスすることができないことが保健課題のひとつとなっています。

ジョイセフでは、プロジェクト地域で唯一の母子保健に特化して、女性の医療従事者を多数配置したクリニックの運営を支援し、女性が安心して保健医療サービスを受けられる環境づくりを行っています。産前産後ケア、施設分娩、避妊薬(具)の提供、予防接種など母子保健に関連した保健医療サービスを提供します。

クリニックでの診療

クリニックでの診療

クリニックでの診療

クリニックでの診療

また、クリニックでの待合時間を活用し、クリニックスタッフが、妊産婦健診や家族計画、予防接種、感染症予防など、母子保健に関連した様々なテーマに関する啓発活動も行います。

女性たちへの啓発の様子

女性たちへの啓発の様子

2016年より、パキスタン政府の方針により、内戦を逃れてパキスタンに避難していたアフガン難民の本国への帰還が強化されており、帰還民の多くは国境に隣接するナンガハール州に流入し、困難な生活を余儀なくされています。このような新たな国内避難民への保健医療サービスも現場では求められています。

ジョイセフでは、「女性にやさしい医療施設」を拠点として、いまだ紛争下に置かれた国内避難民を含む女性と妊産婦、子どもたちに、命と健康を守る質の高い保健医療サービスを継続して提供いくことを目指しています。

↑

寄付する

×閉じる