サイクロン・ナルギス緊急支援者活動

すべてのプロジェクトミャンマー母子保健施設改善・資機材供与5.ジェンダー平等を実現しよう17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 サイクロン・ナルギス緊急支援活動
実施国 ミャンマー
活動の目的 サイクロン・ナルギスによって被害を受けた子どもたちに対して支援を行いました。
実施地域 ヤンゴン管区クンジャンゴン・タウンシップ(行政区)
対象人口
  • 農村地域に居住する妊産婦と新生児
  • 家族計画普及員ボランティア(CBD)
実施期間 第1回:2009年2月 第2回:2009年11月
スキーム等 ベルマーク教育助成財団助成金
共同実施機関(現地) タウンシップ保険局、小学校、若者委員会
主な活動 2008年5月2日・3日にミャンマーの南部エヤワディおよびヤンゴン管区をサイクロン・ナルギスが襲いました。サイクロン・ナルギスによって、地域の人々は尊い多くの生命を失ったばかりでなく、家屋、学校、宗教施設、保健施設、また働く場所などを失いました。そして多くの子どもたちもサイクロンの犠牲者・被害者となりました。今回は、被害を受けた子供たちに対して支援を行いました。

第1回支援
2009年2月16日に児童1,067人に支援物資を配布しました。対象の小学校は4年制で、小中高等学校併設は10年制(4年制の小学校、5年~8年が中学校、9・10年生が高等学校に相当)です。また、僧院学校(4年制)2校も含みます。支援対象者は小学生で、11人の子ども僧侶、2人の子ども尼僧も含まれています。
※支援物資:弁当箱、傘、通学用サンダル、鉛筆(1ダース)、練習長(ノート)

第2回支援
2009年11月20日に児童522人に支援物資を配布しました。対象の小学校は4年制の小学校です。支援対象者は小学生です。
※支援物資:弁当箱、傘、鉛筆(1ダース)、練習長(ノート12冊)

  • 支援物資を子どもたちに手渡し

    支援物資を子どもたちに手渡し

  • 支援物資を受け取った子どもたち

    支援物資を受け取った子どもたち

  • 支援物資の弁当箱や傘を抱える子どもたち

    支援物資の弁当箱や傘を抱える子どもたち

↑

寄付する

×閉じる