TICAD Ⅵ サイドイベントのお知らせ

2016年8月24日

  • お知らせ
  • イベント・キャンペーン
  • アドボカシー

今年8月27日、28日、初のアフリカ開催となる第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)がケニアの首都ナイロビで開催されます。
ジョイセフは、国際家族計画連盟(IPPF)と共催で、サイドイベントを行います。
TICAD VIにご参加の方、ナイロビにいらっしゃる方は、ぜひご出席ださい。

日時: 8月26日(金) 09:00 – 10:30(8:30朝食・飲み物を提供予定)
場所: ライコリージェンシー Laico Regency Sitar 会議会場(ケニア、ナイロビ)
主催: 国際家族計画連盟(IPPF)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)
場所: ライコリージェンシー Laico Regency Sitar 会議会場(ケニア、ナイロビ)
協力: 外務省、パナソニック(株)、サラヤ(株)、テルモ(株)
概要: 持続可能な開発目標(SDGs)が始まった本年、すべての人々の健康を守ることは、「人間の安全保障」の観点で最も重視されていることの一つである。日本政府も、G7伊勢志摩サミットで、UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)達成に向けた決意を表明した。SDGs達成に向け、政府、企業、NGOが連携し、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)やソーシャルビジネス、CSR活動などの取組みの鍵を考える。特に、このサイドイベントでは、ガーナやザンビアで日本の技術力により女性の健康と生活の向上に役立った具体例を、企業と、健康や女性の権利向上を支援するNGO、それぞれの立場から語る。
登壇者: 外務省、パナソニック、サラヤ、テルモ、IPPFアフリカ地域事務所、IPPFガーナ、ジョイセフ
TICAD6bottom

↑

寄付する

×閉じる