タンザニアの若者へのリプロダクティブ・ヘルス啓発活動

すべてのプロジェクトタンザニアHIV/エイズ思春期保健ジェンダー / 女性のエンパワメントヘルスプロモーション3.すべての人に健康と福祉を5.ジェンダー平等を実現しよう17.パートナーシップで目標を達成しよう

プロジェクト名 タンザニアの若者へのリプロダクティブ・ヘルス啓発活動
実施国 タンザニア
活動の目的 若者が性に関する正しい知識を持つことにより、自分の命と健康を守れるようにする
実施地域 シニャンガ州キシャプ県
対象人口 1万人
実施期間 2013年9月~2018年3月
スキーム等 寄付金
共同実施機関(現地) IPPFタンザニア(タンザニア家族計画協会:UMATI)、キシャプ県保健局
主な活動 タンザニアのシニャンガ州キシャプ県周辺は、ダイアモンドの鉱山があり、労働者など人々の出入りが激しい地域です。日銭を得た労働者が地元の女の子を買春したりすることも少なくありません。その結果、妊娠の仕組みも避妊も知らない少女たちは望まない妊娠をして学校を退学させられてしまったり、父親が分からぬままシングルマザーになったりします。さらに、この地域は、HIV/エイズの感染率も高く、エイズ孤児になっている子どもたちも課題となっています。また、薬物使用(ドラッグ)の広がりや、ジェンダーに基づく暴力なども問題です。

ジョイセフは、若者たちが自分に降りかかるリスクを正しく理解し、性に関する知識を身につけることができように、地域の若者たちにセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスの知識を伝えるピア・エデュケーターの育成を行い、学校やコミュニティで啓発活動を行っています。

エプロンを使った啓蒙活動

エプロンを使った啓蒙活動

性について話をすることは容易ではありませんが、同年代のピア・エデュケーターから働きかけることにより、また寸劇や音楽などのイベントの場を活用することにより、若者たちが耳を傾け、知識を受け入れやすい環境づくりに努めています。

ピア・エデュケーターたち

ピア・エデュケーターたち

↑

寄付する

×閉じる